アジアNo.1のウォーターパークWaterBom(ウォーターボム)に行ってみた

アジアNo.1のウォーターパークと言われているインドネシアのバリ島のクタ地区にあるWaterBom(ウォーターボム)に行ってきました!

はっきり言うとめちゃくちゃ楽しかったです!日本でここまで大きいウォーターパークは見たことがありません。
バリ島旅行に行く方には是非オススメしたいスポットなのでウォーターボムの魅力を伝えていきたいと思います。

営業時間や料金などの基本情報

営業時間

09:00~18:00

入場料金

  • 大人 Rp 520,000
  • 子供 Rp 370,000 (2 ~ 11歳)

入場料金に含まれるのは同日内の再入場、ウォータースライダー利用料、浮き輪やマット利用料です。

こちらのvoyaginというサイトで事前にチケットを買うと13%offで購入できました。事前に購入しておくとチケット購入の列に並ばずに済むのでスムーズに入場できて便利でした!

ロッカーやタオル利用料

 

  • レギュラーロッカー Rp 25,000
  • ファミリーロッカー Rp 35,000
  • ロッカー保証金 Rp 30,000
  • レンタルタオル Rp 10,000
  • レンタルタオル保証金 Rp 62,000

11時に行った時には入場口に一番近いロッカーはレギュラーロッカーもファミリーロッカーも売切で他のロッカーの場所に行って下さいと言われました。入場口に一番近いロッカーは広くて、個室のシャワー(冷水のみ,温水/冷水)があるのでできればここのロッカーを借りた方が良いです。自分が借りたロッカーのところは歩いて30秒くらい離れたところのオープンスペースにあるシャワーしかありませんでした。


ロッカーを借りると専用のバンドを渡されます。バンドを近づけることでロッカーの施錠のon/offを行うことができます。

ガゼボ利用料

ガゼボ(東屋)はパーク内のプール脇にある専用の休憩所です。

  • レギュラー(6人まで Rp 200,000)
  • ファミリー(8人まで Rp 250,000)
  • プライベートファミリー(12人まで Rp 1,000,000 タオルが6枚と、ソフトドリンクが6本含まれます)
  • ガゼボ保証金 Rp 75,000

ガゼボがあると荷物をおいて置いたり、休憩したりできるので便利です。
11時にパークに入ったのですが、既に売切れの状態でした。ガゼボを利用したい方はオープンと同時にガゼボを確保しましょう。

フードコート

パーク内にはフードコートがあります。清掃が行き届いていてとても清潔でした。
メニューはハンバーガー、タイ料理、イタリアン、メキシカン、ジャパニーズ、インドネシア料理など様々な種類がありました。大体、1メニューあたりRp80,000くらいで買うことができます。

ウォータースライダーやプール

パーク内には11種類ものウォータースライダーがあります!どれも楽しいのでどれから乗るのか迷ってしまいます!日本のウォーターパークのスライダーほど混んでいないので、それほど並ばずに滑ることができましたよ。

ツインレーサーズとファッスンフィース

  • ツインレーサーズ
    名前の通り2人でどちらが先に降りれるか競争しましょう!マットに乗って滑り降りるのでちょっと怖いです。
  • ファッスンフィース
    1直線のスライダーですが、スタート直後とコース中盤に急角度の部分があってあっという間にプールに滑り落ちていきます。
  • スマッシュダウン2.0
    カプセルに入って傾斜60度のコースを最大時速70kmで滑り降りていきます。カウントダウンが0になったら底が抜けてあっという間に下まで降りていきます。

  • コンストリクター
    全長230mの世界最長のスライダーで、2人乗りのゴムボートに乗って滑ることができます。
  • グリーンバイパーズ
    最新シルクテックテクノロジーのファイバーグラスを使用したスライダーです。名前の通り蛇のようにぐねぐねと曲がりくねったコースが特徴です。
  • パイソン
    2人~最大4人で一緒に専用のまん丸のゴムボートに乗って降りるスライダーです。みんなで一緒に乗れるのが楽しいです。小さな男の子が1人で乗ろうとしてましたが、1人乗りはダメらしく他のグループに混ぜてもらって乗ってました。
  • ブーメラン
    1人もしくは2人乗りのボートに乗ってスライダーを滑っていくと、今度は絶壁に向かって上昇、最後は逆向きになって降りていきます!最後の逆向きになって降りる部分がとても怖いですw
  • スーパーボウル
    1人または2人乗りのボートに乗ってスライダーを降りていき、中盤で巨大なボウルに放り出されぐるぐるまわりながら落ちていきます。
  • ダブルツイスト
    2回ループ状になったチューブの中を回転しながら落ちていくスライダーです。
  • パイプライン
    曲がりくねった透明チューブの中を滑っていくのでまるで宙に浮いているかのように錯覚します。
  • クライマックス
    地上16mの高さからほぼ垂直に落下する恐怖度MAXのスライダーです。怖いもの知らずの方は挑戦してみてください。

プール

スライダーの他にも水中バレーができるプールがあったり

ボートに乗ってプカプカゆっくりできる流れるプールもありますよ。

フローライダー

ウォーターボムにはプールやスライダーの他にもいくつかアトラクションがあるので紹介します。
まずは波乗りが体験できるフローライダーです!入場料金と別にチケットを買うのと予約をする必要があります。混雑を避けるために朝一で予約するのがオススメです!

ボディボードタイプと立ち乗りタイプの2種類のボードから選んで遊ぶことができます。インストラクターの方が教えてくれるので初心者の方でも安心です。運動神経が不安な人はボディボードタイプを選びましょう。

ユーロバンジー

ゴムとトランポリン両方の反発力を利用してポンポン飛び跳たり宙返りしたりできるアトラクションです。

ウォーターブラスター

向かい合って水風船を飛ばし合うアトラクションです。親子でわいわい遊んでいる姿が見受けられました。

まとめ

今回はアジアNo.1ウォーターパークの名前は伊達じゃないめちゃくちゃ楽しいウォーターボムの魅力について紹介しました!友人同士でも良し、カップルでも良し、家族でも良し、何でも良しのウォーターパークなのでバリ島旅行に行かれる方は是非遊びに行ってみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です