安定感バツグン!フェイスドラゴンの立ち回りとマリガンガイド

今回はアンリミテッドのアグロ系デッキ「フェイスドラゴン」を紹介していきたいと思います。

アンリミ版の「蝙蝠ヴァンプ」の紹介はこちら
アンリミでも強い!アンリミ版・蝙蝠ヴァンプの立ち回りとマリガンガイド

「黄金ビショップ」の紹介はこちら
黄金ビショップのデッキ紹介シャドバのアンリミデッキ紹介!「黄金ビショップ」の立ち回りとマリガンガイド

フェイスドラゴンの特徴

「フェイスドラゴン」のサンプルデッキはこちらになります。

フェイスドラゴンのサンプルデッキ

デッキコードはこちら

フェイスドラゴンの「フェイス」とは相手リーダーの顔面のことです。
相手リーダーをひたすら攻撃するアグロ系のデッキタイプなのでフェイスドラゴンと呼ばれています。

序盤からフォロワーを展開していき、中盤から終盤にかけては「ダークドラグーン・フォルテ」などの疾走フォロワーや「侮蔑の絶傑・ガルミーユ」でフィニッシュするのが勝ち筋となります。

「ドラゴンサモナー」や「侮蔑の信者」、「侮蔑の従者」などのドローカードも豊富なので、全体除去を打たれても再展開することも可能です。

守護持ちフォロワーは「銀氷のドラゴニュート・フィルレイン」のファンファーレで手に入る「銀氷の吐息」や「大鎌の竜騎」などで除去して、相手のフェイスへの道を無理やりこじ開ける力も持っています。

フェイスドラゴンの立ち回り

序盤

1ターン目に1コストフォロワー、2ターン目2コストフォロワー、3ターン目に3コストフォロワー or 1コスト+2コストフォロワーの展開するのがベストムーブです。

1ターン目は何も能力のない「ゴブリン」をプレイするのがベストです。

先攻で2ターン目の時は「ドラゴンサモナー」、「銀氷のドラゴニュート・フィルレイン」、「竜剣の少女・アイラ」をプレイしましょう。
「侮蔑の従者」は出来るだけ「侮蔑の信者」or「侮蔑の炎爪」と一緒にプレイしたいですが、「侮蔑の従者」しかない場合はプレイしてしまって大丈夫です。

後攻で2ターン目の時は盤面に応じて、相手に有利トレードされないようにフォロワーをプレイもしくは「侮蔑の炎爪」があるなら相手フォロワーを除去してしまいましょう。

3ターン目は「竜友の少女」もしくは1コスト+2コストフォロワーもしくは「侮蔑の炎爪」とフォロワーを一緒にプレイして、こちらの盤面にフォロワーを出来るだけ展開することを意識してください。

中盤

5ターン目に「ヒッポグリフの乗り手」が4/4になるように、4ターン目終了時に自分の盤面にフォロワーが2体以上残ることを目標にプレイするとグッと勝率があがります。

相手がエルフで「茨の森」のアミュレットを置いている場合や、相手がネクロマンサーで「ベレヌス」が盤面にいる場合は「侮蔑の絶傑・ガルミーユ」をプレイして攻撃することで「ダメージを受けて生き残っていた時、相手フォロワーとリーダーに3ダメージ」の能力が複数回発動する可能性があるので積極的に狙っていきましょう。
※2018年10月30日のアップデートでガルミーユの能力は1ターンに1回にナーフされるので注意です

同様に侮蔑の従者も複数回の能力発動が狙えるので、いい手札がない場合は複数枚カードドローをして手札を補充しましょう。

終盤

自分の盤面に攻撃できるフォロワーが3体以上いるなら「ヒッポグリフの乗り手」、自分の盤面と相手の盤面合わせて4体以上いるなら「不死鳥の乗り手・アイナ」、そうでないなら「ダークドラグーン・フォルテ」などの疾走フォロワーで相手の顔面をひたすら狙いましょう。

相手の場に守護持ちがいるなら「銀氷の吐息」、「竜騎の大鎌」で除去。
相手の場に複数の守護持ちがいるならガルミーユの能力や「ドラゴニュートの威圧」などで守護持ちフォロワーを破壊して、相手リーダーの顔面への道を切り拓きましょう。

フェイスドラゴンのマリガンガイド

「フェイスドラゴン」のマリガンにおける目標は1コストフォロワーと2コストフォロワーを揃えることです。
序盤からしっかり展開することができるかどうか で勝率が変わってきます。

先攻の場合

ゴブリン

©Cygames

先攻の場合は1コストフォロワーをプレイしたいので「ゴブリン」もしくは「アイボリードラゴン」があったらキープです。
HPが2あるので、2ターン目に「侮蔑の信者」や「侮蔑の炎爪」をプレイするときのターゲットとして選ぶことができます。

「侮蔑の信者」は1ターン目にプレイするより、他のカードと一緒にプレイすることでバリューを発揮するので、マリガンしてしまって大丈夫です。

2コストフォロワーは1枚はキープです。1コストフォロワーもキープできているなら2枚キープしてもよいと思います。

後攻の場合

銀氷のドラゴニュート・フィルレイン

©Cygames

後攻の場合も1コストフォロワーは1枚はキープしたいです。
ですが、それよりも後攻のマリガンで重要なのは2ターン目にどう動くかを考えておくことです。

相手のリーダーのクラスをみて、2ターン目に2/2をプレイしてくる可能性が高いクラスなら、相手の3ターン目でフォロワー同士の戦闘で有利トレードをされないように2ターン目にフォロワーをプレイしましょう。

オススメはHPが3ある「銀氷のドラゴニュート・フィルレイン」です。
「銀氷の吐息」が手に入るので相手のフォロワー展開にプレッシャーをかけることもできます。

また「侮蔑の炎爪」をキープしておいて除去するのもよいでしょう。

相手が2ターン目に2/2をプレイしてこないデッキタイプなら、2コストフォロワーは1枚は必ずキープです。
例えば「黄金ビショップ」であれば2ターン目は「黄金都市」をプレイする可能性がとても高いです。

まとめ

今回はアンリミテッドのデッキ「フェイスドラゴン」を紹介しました。

実際に使ってみた感想としては、やることが結構単純(フォロワーを展開して相手のフェイスを殴る)なので扱いやすいデッキだなと思いました。
相手のフォロワーをこちらのフォロワーで倒した方がいいのかフェイスを殴った方がいいのか、進化権をどのフォロワーに使うかなどは難しい盤面がありますが、何回か戦うことでどれがベストな手なのかわかってきます。

フェイスドラゴンで5勝 フェイスドラゴンで決勝進出

グランプリで使ってみて、5勝するのも簡単でしたし、ほぼ4勝以上をキープできています。
決勝ラウンドでも「フェイスドラゴン」で挑戦してみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です