アンリミでも強い!アンリミ版・蝙蝠ヴァンプの立ち回りとマリガンガイド

※2018年10月30日のナーフによりこちらのデッキは弱体化しましたが、デッキ構築の参考としてそのまま残してあります。

アンリミテッドのグランプリが開催中です。

グランプリで使うデッキはお決まりでしょうか?

ローテーションでも大活躍の「蝙蝠ヴァンプ」はアンリミテッドでも一線級の強さを誇ります!
そこで今回はアンリミ版の「蝙蝠ヴァンプ」をご紹介したいと思います。

ローテ版の蝙蝠ヴァンプはこちら
蝙蝠ヴァンプのデッキガイド最強最速デッキ?!蝙蝠ヴァンプの立ち回りとマリガンガイドについて

蝙蝠ヴァンプの特徴

アンリミ版の蝙蝠ヴァンプのサンプルデッキはこちらになります。

アンリミ版・蝙蝠ヴァンプ

アンリミでは使えるカードが増えて、更に強くなっています。
(その分他のデッキも強くなってるんですけどねw)

デッキコードはこちら

キーカードはローテ版と同じく「闇喰らいの蝙蝠」です。

闇喰らいの蝙蝠

©Cygames

進化前ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に「このバトル中、自分のターン中に自分のリーダーがダメージを受けた回数」と同じダメージ。
進化後 –

自傷カードの種類が増えており、中でも4回自傷能力を発動できる「鮮血の花園」はこのデッキの戦略と非常にマッチしています。

アンリミテッド環境ではバーストダメージのバリエーションが増えているので、自傷し過ぎて「闇喰らいの蝙蝠」を出す前にやられてしまわないように注意が必要です。

デッキに入れるカード候補としては1コストの「蠢く死霊」「姦淫の信者」、2コストの「糸蜘蛛の悪魔」「ブラッドウルフ」などが挙げられます。

蝙蝠ヴァンプの立ち回り

序盤

「鮮血の花園」「血の取引」などの自傷能力を持つカードをプレイしつつ、「絡み付く鎖」や「邪眼の悪魔」のアクセラレートで相手のフォロワーを除去していきましょう。

「鮮血の花園」と「不穏なる闇の街」が初手にある場合は「フラウロス」の直接召喚を狙って両方キープするのもアリです。

相手のデッキが遅い場合に「黒死の仮面」「漆黒の契約」のコンボを決めれそうなら狙っていきましょう。

後攻の場合は、盤面のフォロワーを除去することに専念してください。
自傷カードが多い分、序盤の相手フォロワーを除去できないと立て直しが間に合わない可能性があります。

中盤

「狂恋の華鎧・ヴィーラ」の進化と「漆黒の契約」のコンボや、「黒死の仮面」「漆黒の契約」のコンボなどで自傷回数とドローを進めていきましょう。

アンリミテッドだと自傷方法が豊富なため、HPが減りがちです。
攻撃できるフォロワーが盤面に残っている状態であれば、ピン刺ししている「姦淫の翼」をエンハンスでプレイして、ドレインでHPを回復させたり、復讐状態になっていれば「ディアボリックドレイン」を使うなどしてHPを回復させましょう。

「フラウロス」が手札にあるならば、進化させてラストワードのHP5回復を狙ってもよいと思います。
相手がビショップの場合、「破壊」ではなく「消滅」の能力のカードを使われてラストワードが発動しない可能性もあるので注意しましょう。

終盤

「闇喰らいの蝙蝠」へのフィニッシュに向けて、相手リーダーのHPを詰めていきましょう。

アンリミテッドでは盤面の状況によってはHPが10以上残っていても、負けてしまうことがあります。
相手のデッキタイプを見極めて、バーストダメージがありそうなら「黒死の仮面」や進化権が残っているなら「恋の華鎧・ヴィーラ」の進化で保険をかけておくとよいかも。

相手の大型フォロワーが出てきたら「姦淫の絶傑・ヴァーナレク」で処理しつつ、疾走でカウンターしちゃいましょう。

蝙蝠ヴァンプのマリガンガイド

「蝙蝠ヴァンプ」のマリガンにおけるキーカードは「鮮血の花園」です。
今回紹介したサンプルデッキでは入れてませんが「蠢く死霊」「姦淫の信者」を入れているならキープ対象です。

先攻の場合

鮮血の花園

©Cygames

先攻の場合は「鮮血の花園」を引けてるかどうか大分勝率が変わりそうです。
1ターン目に置くことで「フラウロス」の直接召喚が狙いやすくなり、「姦淫の絶傑・ヴァーナレク」のファンファーレ能力も発動させやすくなります。

もし「鮮血の花園」がキープできているなら「血の取引」「不穏なる闇の街」などキープ対象です。

後攻の場合

邪眼の悪魔

©Cygames

後攻の場合は「絡み付く鎖」や「邪眼の悪魔」などの除去カードをキープしましょう。
特にアグロロイヤルやフェイスドラゴンと対戦する場合は、除去カードがないとあっという間にHPを詰められてしまい、負けに繋がってしまいます。

後攻の場合でも「鮮血の花園」をキープ対象ですが、相手がアグロ系デッキで除去カードをキープできていない場合はマリガンしてしまった方がよいです。

まとめ

今回はアンリミテッド版の「蝙蝠ヴァンプ」を紹介しました。
実際に「蝙蝠ヴァンプ」を使って、ラウンド1のグループA突破は簡単に達成できました。

グランプリで何のデッキを使うか迷っている方は「蝙蝠ヴァンプ」がオススメですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です