ミッドレンジネクロの立ち回りとマリガンガイドについて

ミッドレンジネクロのデッキガイド

10月末のナーフ(カード能力調整)により、またメタが変わりました。

ミッドレンジネクロ、「マゼルベイン」を軸としたランプドラゴン、「輝く熾天使・ラピス」を軸にしたセラフビショップなど様々なデッキが登場しました。

OOTローテーショングランプリVol.2が開催中なので色んなデッキを試している人もいるかと思います。

そこで今回は何もない盤面から24点バーストダメージを出すことができるミッドレンジネクロを紹介したいと思います。

ミッドレンジネクロの特徴

こちらがミッドレンジネクロのサンプルデッキです。

ミッドレンジネクロのデッキ

ミッドレンジネクロの特徴は展開力です。
「心眼の双葬女・レディ・グレイ」、「スカルリング」、「冥界の番犬・ケルベロス」などで一気に盤面にフォロワーを展開できます。
展開した後は「グレモリー」や「飢餓の絶傑・ギルネリーゼ」などで全体強化して大ダメージを与えられます。

デッキコードはこちら

幽想の少女・フェリ

©Cygames

進化前ファンファーレ このターンが自分の10ターン目かそれ以降なら、2回葬送 する。2回葬送 したなら、ターン終了まで、自分の他のフォロワーすべては「1ターンに3回攻撃できる」を持つ。
(2回葬送 するには、幽想の少女・フェリが場に出たあと、自分の場に空きが2つ以上必要)
進化後 –

「幽想の少女・フェリ」の能力が発動すれば自分のフォロワーが3回攻撃することができるようになります。

この能力を活用すれば、何もない盤面から24点ものバーストダメージを叩き出すことができます!

24点ダメージを出す手順は以下の通りです。

  1. 「幽霊支配人・アーカス」をプレイしておく。
  2. 10ターン目に「悪戯な霊魂」をネクロマンス3でプレイ、もしくは「蒼の少女・ルリア」をプレイし、ゴーストを2体出す。
  3. 「幽想の少女・フェリ」を2回葬送してプレイし、ファンファーレを発動させ、2体のゴーストが3回攻撃可能になる。
    ゴーストが更に2体でる。
  4. 「飢餓の絶傑・ギルネリーゼ」をプレイし、ゴースト4体を+2/0する。
  5. 3回攻撃可能な3/1のゴースト2体で3*3*2=18点、3/1のゴースト2体で3*2=6点、合計すると24点のダメージ。

ミッドレンジネクロの立ち回り

序盤

「ベレヌス」「レディ・グレイ」「スカルリング」などを展開し、盤面をつくっていきましょう。

上記のカードがない場合は「幽想の少女・フェリ」「蒼の少女・ルリア」など、相手に一方的にやられにくいカードをプレイするとよいです。

中盤

「怪物の少女・フラン」「冥界の闘犬・オルトロス」などで進化ポイントを温存しつつ、相手のフォロワーを除去することができます。

盤面にフォロワーが展開できてない場合は「冥界の番犬・ケルベロス」でフォロワーを展開し直しましょう。

進化は「レディ・グレイ」「アンドレアルフス」「「冥界の番犬・ケルベロス」などの進化時能力を保有しているカードに使っていきましょう。

終盤

相手に盤面を取られておらず余裕がある時は積極的「幽霊支配人・アーカス」をプレイして、バーストダメージを出す準備をしておきます。

手札に「飢餓の絶傑・ギルネリーゼ」がないときは「蒼の少女・ルリア」をエンハンス8でプレイして、手札に補充しましょう。

9ターン目に「飢餓の絶傑・ギルネリーゼ」を置いておくと、潜伏を持っていることで生き残ったまま10ターン目を迎える可能性が高いです。
「飢餓の絶傑・ギルネリーゼ」の効果で10ターン目の開始時に5枚ドローがあるので、「幽想の少女・フェリ」の能力による3回攻撃が狙いやすくなります。

「幽霊支配人・アーカス」プレイ済みで、「幽想の少女・フェリ」、「飢餓の絶傑・ギルネリーゼ」、「蒼の少女・ルリア」もしくは「悪戯な霊魂」、埋葬用のフォロワーカード2枚が揃っている場合は24点バーストを狙うために10ターン目に使うカードを意識しつつ、プレイしていきましょう。

「幽想の少女・フェリ」の能力による3回攻撃はとても強力ですがいくつか注意点があります。

フェリの能力の注意点
  • 盤面が3つ空いている状態でないと能力が発動しない
  • 「幽想の少女・フェリ」の他にフォロワーが2枚以上手札にないと能力が発動しない
  • 10ターン目以降でないと発動しない

「幽想の少女・フェリ」のファンファーレが発動できる時は手札にある「幽想の少女・フェリ」のまわりが黄色く光るので、色に注目です。

相手がビショップで「安息の絶傑・マーウィン」を使われた時はPPが10でも10ターン目に達していない時があるので注意です。
私はこれで何回かミスりましたw

また終盤で「スカルリング」をプレイしてしまうと、アミュレットで盤面を1つ埋めてしまうので「幽想の少女・フェリ」によるバーストダメージが出しにくくなってしまいます。

「スカルリング」の他にプレイできるカードがあるならそちらのカードを優先してプレイしましょう。

ミッドレンジネクロのマリガンガイド

「ミッドレンジネクロ」のマリガンにおけるキーカードは「ベレヌス」「レディ・グレイ」「スカルリング」「怪物の少女・フラン」です。

「ベレヌス」「レディ・グレイ」がない時は「幽想の少女・フェリ」はキープしておきましょう。

先攻の場合

ベレヌス

©Cygames

先攻の時は「ベレヌス」があると心強いです。
「スカルリング」や「レディ・グレイ」の進化によるリアニメイトで盤面を作っていくことができます。

先攻は手札が1枚少ないので手札補充のために「アンドレアルフス」をキープするのもありです。

後攻の場合

心眼の双葬女・レディ・グレイ

©Cygames

後攻の場合は「レディ・グレイ」がキーになるでしょう。
進化時のリアニメイトとドレイン能力により、ライフを回復しつつ、盤面をつくっていくことができます。

後攻の時は手札が1枚多いので、2コストカードが既に手札にあるなら、1コストカードもキープしてよいでしょう。

まとめ

ミッドレンジネクロは展開力が高く、カードをドローする能力もたくさん入っているので安定して戦えるデッキになっていると思います。

ただし、「幽想の少女・フェリ」の能力発動やバーストダメージの計算が複雑なのでグランプリで使う時は事前に何回か練習してから使った方がよさそうです。

今回のデッキでは蝙蝠ヴァンプの進化した「狂恋の華鎧・ヴィーラ」や天狐ビショップの「天狐の社」に対抗する術がなく、苦戦することがあったのでメタゲームに合わせて「熾天使の剣」を入れるのもアリだなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です