リーシェナネメシスの立ち回りとマリガンガイド

リーシェナネメシスの立ち回りとマリガンガイド

次元歪曲のアディショナルカード追加によってまたシャドバのメタ環境が変わってきてます。

以前からあったリーシェナネメシスのデッキが更に強化されました。白き破壊のアーティファクト、黒き破壊のアーティファクト以外の勝ち筋が追加され、更に勝ちやすくなりました。

それではデッキの内容について見ていきましょう!

その他のデッキガイドについてはこちら。

マナリアウィッチデッキガイド勝率7割超え!マナリアウィッチでコスト踏み倒し! サタンドラゴンデッキガイド新環境最強デッキ!サタンドラゴンの立ち回りとマリガンガイド

リーシェナネメシスの特徴

こちらがリーシェナネメシスのサンプルデッキです。

リーシェナネメシスデッキ

デッキコードはこちら

キーカードは絶禍十傑で追加されたカード「破壊の絶傑・リーシェナ」と次元歪曲のアディショナルカード「粛清の英雄・メイシア」です。
これらのカードを使った勝ちパターンが2パターンあります。

リーシェナ

進化前必殺
このフォロワーは、カードの能力によって破壊されない。(攻撃によるダメージや、能力によるダメージでは破壊される)
進化後必殺 
このフォロワーは、カードの能力によって破壊されない。
進化時 白き破壊のアーティファクト1枚を手札に加える。

1つ目の勝ちパターンは「破壊の絶傑・リーシェナ」を使ったものです。「破壊の絶傑・リーシェナ」は進化時に手に入る「白き破壊のアーティファクト」と「黒き破壊のアーティファクト」(「白き破壊のアーティファクト」のファンファーレで手に入る)で全体に10ダメージを与えるのが非常に協力です。相手にアーティファクトを消滅させるカードがなければほぼ勝ち確の状態に持っていくことができます。

メイシア

進化前このフォロワーは相手のリーダーを攻撃不能。
ファンファーレ カードを1枚引く。
進化後(相手のリーダーを攻撃可能)
進化時 粛清の一刀1枚を手札に加える。

2つ目の勝ちパターンは「粛清の英雄・メイシア」を使ったものです。「粛清の英雄・メイシア」は進化すると相手リーダーを攻撃可能になり、さらに「粛清の一刀」のカードが1枚手に入ります。「粛清の一刀」は7コストかかりますが、「粛清の英雄・メイシア」に使うと+X/0(Xはこのバトルで破壊されたフォロワーの数)と疾走の効果が手に入ります。
これにより10ターン目以降であれば「粛清の英雄・メイシア」の3PPと「粛清の一刀」の7PPで何もない盤面から一気にリーサルダメージを与えることが可能です。

リーシェナネメシスの立ち回り

序盤

「フラワードール」「ゼンマイの巻き戻し」「ジャンク」「パペットルーム」などをプレイして「操り人形」のカードを貯めていきましょう。できれば「破壊の絶傑・リーシェナ」を進化させて「白き破壊のアーティファクト」を手に入れてから「操り人形」のカードを使いたいので、「操り人形」は手札があふれない程度にキープしておきましょう。

中盤

「破壊の絶傑・リーシェナ」があればとりあえず進化で使い、「白き破壊のアーティファクト」「黒き破壊のアーティファクト」の勝ちパターンを目指しましょう。6ターン目ぐらいになっても「破壊の絶傑・リーシェナ」が手札にこなければ「粛清の英雄・メイシア」での勝ちパターンを目指す方向に切り替えましょう。どちらのパターンでも「操り人形」などのカードで相手の盤面を処理しつつ、破壊されたフォロワーの数を増やしていきます。「粛清の英雄・メイシア」での勝ちパターンを残すために進化権は1つは残しておきましょう。

パペットルームの能力やリトルパペッター・ロココをエンハンス5でプレイした時、ターン終了時や相手のターン開始時に操り人形が手札に追加されるので手札上限には要注意です。次のターンのカードドローするには自分のターン開始時に手札が8枚以下になっているように調整しましょう。

終盤

「破壊の使徒」のカードがあれば相手のデッキタイプに応じて上手く使いましょう。

相手のデッキがアーティファクトを消滅させるカードがある場合、「白き破壊のアーティファクト」を対象にして「破壊の使徒」を使い、「白き破壊のアーティファクト」のコピーを確保しましょう。

相手のデッキがアーティファクトを消滅させるカードがない場合は、「粛清の英雄・メイシア」を対象にして「破壊の使徒」を使いましょう。これによりコスト0の「粛清の英雄・メイシア」のカードが手に入るので、10ターン目以前でも「粛清の英雄・メイシア」と「粛清の一刀」のコンボが可能になります。

ミラーマッチの場合や、マナリアウィッチや蝙蝠ヴァンプのデッキと戦っている場合は1ターンに10以上のバーストダメージを与えてくる可能性があるので、虚数物体のアミュレットを置いてターンを稼ぎ、先にこちらのバーストダメージを与えられるようにしましょう。

リーシェナネメシスのマリガンガイド

リーシェナネメシスではキーカードである「破壊の絶傑・リーシェナ」もしくは「粛清の英雄・メイシア」が序盤に手に入るかどうかで勝率がかなり変わってきます。マリガンでは先攻でも後攻でも「破壊の絶傑・リーシェナ」もしくは「粛清の英雄・メイシア」がなければ手札を入れ替えていきましょう。もし手札にあるならマナカーブを意識して、カードを入れ替えていきます。

リーシェナネメシスのデッキの平均コストは約2.7なので、全マリガンしたとしても手札事故が起こる可能性は低いです。「操り人形」が手に入るカードも多数入っているので序盤の相手の盤面処理にもだいたい対応することができます。

まとめ

今回は「リーシェナネメシス」の立ち回りとマリガンガイドについて紹介しました。

以前からあるリーシェナの進化時能力で手に入る「白き破壊のアーティファクト」「黒き破壊のアーティファクト」にコンボによる勝ち筋の他、「粛清の英雄・メイシア」による一撃必殺の勝ち筋が加わり、強力なデッキとなりました。どちらもフォロワーの破壊された数がキーとなっており、戦略が一致していて、どちらの勝ち筋も狙えるのが強いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です