ナーフされても強い!蝙蝠ヴァンプの立ち回りとマリガンガイド

蝙蝠ヴァンプデッキガイド

2018年10月30日のナーフにより蝙蝠ヴァンプのデッキは弱体化されました。

しかし!蝙蝠ヴァンプはまだまだ強いままでした!

OOTローテション杯Vol.3で何のデッキを使うか迷っていたのですが、何回か使ってみて中々強かったので紹介したいと思います。

蝙蝠ヴァンプの特徴

こちらが新しい蝙蝠ヴァンプのサンプルデッキです。

蝙蝠ヴァンプ

デッキコードはこちら

今回もキーカードはデッキ名にも入っている「闇喰らいの蝙蝠」です。

闇喰らいの蝙蝠

©Cygames

進化前ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に「このバトル中、自分のターン中に自分のリーダーがダメージを受けた回数」と同じダメージ。
進化後 –

「闇喰らいの蝙蝠」の能力は自傷回数分、相手のリーダーもしくはフォロワーにダメージというもの。
自傷カードを多数いれた専用デッキを組むことがかなりの大ダメージを与えることができます。

以前、紹介したデッキとの差分でいうと「姦淫の信者」「スコルピオ」がなくなり「双石の悪魔」「フラウロス」の枚数が多くなりました。

その理由は「フラウロス」のナーフにより3ターン目以降でないとフラウロスの直接召喚ができなくなったためです。

カードを手札にしっかり溜めてから、自傷カードを4回使いフラウロスの直接召喚を狙うことがより大事になりました。

またビショップの「聖獅子の神殿」や「天狐の社」、ヴァンパイアの進化後「狂恋の華鎧・ヴィーラ」が出てきた時に対応に困ったので「熾天使の剣」をピン刺ししています。

蝙蝠ヴァンプの立ち回り

序盤

「双石の悪魔」「血の取引」などのドローカードでカードを揃えていきます。

相手のフォロワーは「絡み付く鎖」や「邪眼の悪魔」のアクセラレートで除去していきましょう。

0コストカードの使い所
「フラウロス」のナーフにより、0PPで使える「不穏なる闇の街」「眷属への贈り物」の使用タイミングがより重要になりました。
「フラウロス」の直接召喚ができるタイミングで使いましょう。
以前と違って3ターン目以降でないと直接召喚されないので注意です!

中盤

序盤に引き続き、自傷回数を増やしつつ、相手のリーダーのHPを減らしていきましょう。

ポイント
「狂恋の華鎧・ヴィーラ」を進化させると、ヴィーラが生き残っている限り次のターンまで自分のリーダーへのダメージが0になります。
ヴィーラの能力と自傷能力を持つカードと組み合わせると、自分のリーダーのHPを減らさずに自傷回数を増やすことができるのでかなり強力です。

「蝙蝠ヴァンプ」とのミラーマッチでは相手の7ターン目の直前にヴィーラの能力を起動して、リーサルを防ぐなんて使い方もできますね。

自分のリーダーのHPが不安な時は「不穏なる闇の街」を2PP使って「現れる狂気」としてプレイすることで、4ダメージをくらうことなく自分のリーダーのHPを8回復することができます。

ヴィーラは他のカードとの組み合わせで様々な使い道があるので、何度も練習してどの場面でどういう使い方するのが一番バリューを出せるのか判断できるようにしましょう。

また「蝙蝠ヴァンプ」が7コスから8コスにナーフされたことにより、HP管理がより重要になりました。
「姦淫の翼」をエンハンス4でプレイしてドレインしたり、「フラウロス」を進化させてラストワードでHPを5回復させたりといった行動も必要になってきます。

終盤

終盤になれば自傷回数はかなりのものになっているはずなので、後は「闇喰らいの蝙蝠」を引き込んでフィニッシュするだけです。

自傷回数はゲーム中に「闇喰らいの蝙蝠」の能力欄を見ると確認できるので、リーサルになるように自傷能力の発動回数の管理をしっかり行いましょう。

また自傷回数が7回以上であれば「姦淫の絶傑・ヴァーナレク」が疾走を持つので、「闇喰らいの蝙蝠」だけでリーサルに届かない場合に活用しましょう。

蝙蝠ヴァンプのマリガンガイド

「蝙蝠ヴァンプ」のマリガンにおけるキーカードは「双石の悪魔」「血の取引」「絡み付く鎖」「不穏なる闇の街」です。
以前の蝙蝠ヴァンプと違って、きっちりとカードをドローして状況に応じたカードを使えるように手札を揃えておくことが大事になってきます。

基本的には3コスト以上のカードはマリガンです。
「蝙蝠ヴァンプ」は勝つために必要なカードですが、「不穏なる闇の街」「血の取引」「純心の歌い手」「双石の悪魔」などのドローカードを駆使して引き込むようにしましょう。

先攻の場合

双石の悪魔

©Cygames

先攻の場合はカード枚数が少ないので「双石の悪魔」をキープしたいです。
チョイスで「蒼炎の魔石」を選び、カードを2枚ドローして、カード不足を補いましょう。

3コストは「純心の歌い手」「姦淫の絶傑・ヴァーナレク」しか入っていないので、2コスカードを取れている場合は「純心の歌い手」をキープしておくことでPPを効率的に消費することができます。

後攻の場合

絡み付く鎖

©Cygames

後攻の場合は、相手の動きに合わせて展開していく必要がありので除去カードを1枚はキープしておきたいです。
できれば「絡み付く鎖」が欲しいですが、「鋭利な一裂き」でも大丈夫です。

除去カードが取れている場合は「狂恋の華鎧・ヴィーラ」もキープしておきましょう。
4ターン目に進化と合わせて使うことで有利な展開に持ち込むことができます。

まとめ

今回はナーフ後でも強い「蝙蝠ヴァンプ」のデッキを紹介しました。

基本戦略はナーフ前と変わりませんが、HP管理をしっかり行うことでまだまだ現環境でも戦えると思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です