夕焼けが綺麗なロックバー(Rock Bar Bali)へ行ってみた

2018年8月。バリで有名なロックバーにいってきました!
実際の混み具合や行きかた、メニュー、注意点などをお届けします。

ロックバーとは?

バリ島南部にある高級リゾート「AYANA Resort and Spa BALI」の敷地内にあるbarです。ここは“オンザロック”がコンセプトで断崖絶壁の崖の上に作られています。

CNNで世界のベストホテルバートップ30にも選ばれ2009年8月のオープン以来「バリ島の新しい観光名所」となりました。
Rock barではサンセットを見ながらお酒が飲めます。

サンセットの時間はとっても人気です。
しかしサンセットの時間は宿泊者以外予約不可。
宿泊者以外はオープンと同時に入店するしか入れないと噂です。
実際に入れるのか行ってみました!

ロックバーへの行きかた&時間

開店(16:00)と同時でないと入店できないとネットで書いていたので16:00に着くようにいきました。
ホテルからタクシーでいきました。
ロックバーといえば、つれてってくれます!w
16:00ジャストぐらいに到着しました。

ここだよと降ろされて、その前にあったゲートをくぐると右側に机と人が。
ここでも服装などをチェックしているようで、事前に調べて
水着、サーフパンツ、ビーチサンダル、アルコール飲料メーカーのロゴ入りの服装でのご来店はご遠慮いただいておりますと書いてあったんですが、リュックもNGでした。
友人がリュックを背負っていたら、預けてといわれたので預けることに。
この場で預けられるようです!
自分は半袖、七分袖のパンツの服装でしたが何も言われませんでした。
まわりの人も結構カジュアルな服装してたので、すごいラフな服装でない限り大丈夫そうでした。

青いAyana Reasortの袋をもらって必要なものはこれにいれて持っていっていいそうです。
引換券をもらっていざ出発!

そのまま真っ直ぐ進むと階段があります。その階段を下まで降ります。
プールと海が見えてとってもキレイでした。
下まで降りると右へ曲がります。所々に《RockBar→》の表記があるので迷わずいけると思います。

ケーブルカーは混んでいるで階段でいくと早い!とネット情報を得てはいたのですが、階段は見当たらずwそうしているうちにケーブルカーにつきました。
列は2つあってAYANAの宿泊者とそれ以外で分かれていました。

それ以外の列に案内され時刻は16:08。
並んでるのは10人ぐらい。
なので5分くらいで乗れてつきました!

宿泊者専用の席が多いみたいです。
席は選べるのかなと思ったら、案内された席でいいか聞かれました。
もっといい席が空いていたのでこっちに移動していいか?と聞いたら予約席と言われてしまいました。

また最初の写真にあるような崖の上の席は宿泊者専用みたいです。
でもとりあえず入れたので良かったです。

私達が座った席からの眺め。

ここからでもとっても綺麗です。

料理

メニューはおつまみとお酒と飲み物だけです。
おつまみはからあげとかポテトとかサラダとかありました。

お酒はbarなだけあって種類も豊富。
みんな暑いからかビールを飲んでる人が多かったです。

Summer Wine Collerというオリジナルカクテル(190,000ルピア=約1,450円)とレッドブル(90,000ルピア=約690円)とチキンポップ(110,000ルピア=840円)を注文しました。
飲み物はちょっと高いですね。

チキンポップはピリ辛でとっても美味しかったです。
綺麗な景色を見ながらのお酒は最高でした!

夕日

海と水平線と太陽。とっても美しい景色でうっとりします。

ただ日差しが強いw
みなさん途中まで備え付けの日傘をテーブルにおいて飲んでました。
焼けるので日焼け止めは必須ですね。

↑テーブルに置いてある傘です。

この日は晴れていたので、海に沈む夕日をみることができました。
さすがに人気なだけあってとっても幻想的。
美しい夕日を見れて大満足★★★

予約席には座れませんが予約席の方にいって写真をとることは可能みたいで、みんないろんなところで写真を取っていました。

店員さんもすすんで「take a picture?」と声をかけてくれるので、たくさんとってもらいました。

ただガイドブックにあるようなピンク色の空や夕焼けは見れませんでした。
雨の前など条件があるそうです。

でも夕日はとてもきれいだったので、行ってよかったです。

夜はこんな感じ。ライトアップされてムーディーな雰囲気に。

帰り

夕日が完全に沈んでから15分ぐらいして帰ることに。
帰りのほうが混んでました。
30人ぐらい並んでいて、ゴンドラに乗るのに10分~15分ぐらい並びました。

来た道を戻り荷物を預けたところでカードを渡すとこっちの人に渡してといわれ、ゲートをくぐり外にあるテーブルの人に渡すと荷物を持ってきてくれました。

タクシーはこちらみたいな看板があって、列ができていて並ぶことに。
5~10分もしないでタクシーが着ました。
この列に日本人がたくさんいたので安心しましたw

ホテルマンに行き先を聞かれ答えました。
タクシーがくるとドライバーに行き先をつげてくれます。
私達はホテルでしかタクシーを呼んでないからか、メーターのタクシーに乗れませんでした。

まとめ

16:00にAYANA Resortに着けば入れました。
お時間がある方はぜひ行って見てください!
夕日がとっても幻想的できれいで、とってもおすすめです!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です