ペルセウス座流星群で大量の流れ星を見よう!

大人も子供も楽しめるーー2018年8月12日〜13日の天体ショーをご紹介します!

ペルセウス座流星群が極大!

2018年8月12日の深夜、ペルセウス流星群が極大となります。
月明かりの影響がまったくない好条件で、流れ星を楽しんでいただけるでしょう。

ペルセウス座流星群とは?

ペルセウス座流星群は1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群とともに三大流星群と呼ばれています。
観測可能な時期がお盆や夏休みにかぶっており、夜間の気温も高いので最も観測しやすい流星群と言われています。
子供の夏休みの研究課題にもぴったりですね!

いつ見れるの?一番の見ごろは?

2018年8月12日(日)〜13日(月)が一番の見ごろとなります!

最大極大時刻は13日の午前10時。
ですので、13日の未明〜明け方ごろが一番の観察チャンスとなります。

今年は、11日が新月のため月明かりの影響を受けない好条件。
街の明かり同様に星空観察に影響を及ぼすので、新月の直後とはとてもラッキーです。

街明かりの影響が少ないところで眺めれば、かなり多くの流れ星を見ることができるでしょう。

1時間あたり、30〜50個の流れ星が見れる!

13日未明から明け方であれは、1時間あたり30〜50個の流れ星を見ることができます。

街明かりが少なく、見晴らしの良い場所で空を5分ほど見上げれば、1〜2個は見えるでしょう!

ぜひ空を見上げて見てみてください!

※街明かりが明るい場所では、1時間あたり5個ぐらいに減ってしまいます。
見れなくはないですが……良ければ街明かりが少なく見晴らしがよい場所で見てみて下さい!

見る方位は?!どこでもいいって本当?!

本当です!

流星群の流星は、ある一点を中心に放射状に出現するので、どの方位でも見れます。
中心となる点を「放射点」といい、8月13日0時の時点では北東にあたります。

Image: 国立天文台 天文情報センター

流星群は、放射点のある方向だけに流星が出現するわけではなく、夜空のどこにでも現れます。
ですから、放射点の方向にあまりこだわらずに、
できるだけ空が広く見渡せる場所で空の広範囲を注意して見てみましょう。

空をより広く見渡しているほうが、流れ星をみつける可能性が高いです!

◆おまけ

放射点近くに出現する流れ星は、短い軌跡の流れ星が多いです。
それにくらべ放射点から離れた方向は、長い軌跡の流れ星が多いので、
放射点近くの流れ星より、長く見ることができます。

とはいっても見つけられないと意味がないので、方位は気にせず空をより広く見渡しましょう!

まとめ

① 12日の夜〜13日の明け方ごろに

② 街明かりの影響が少なく、空が広く見渡せる場所で

③ 空をより広く見渡す!

これさえおさえておけば、誰でも流星群を観測できます!

天体ショーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です