お金の正体って?映画「億男」を見てお金について考えてみた

億男を見てお金について考えてみた

お金の正体って何なんでしょう?
普段何気なくお金を使っていますが、お金について深く考えたことはありません。

映画「億男」を見てきて、お金について考えさせられたので感想を交えつつ、考察していきたいと思います。

あらすじ

主人公の一男(かずお)は兄がつくった借金3000万を返済するために、昼は図書館司書、夜はパン工場で働いていた。
借金が原因で妻との関係が悪くなり、妻は娘を連れて出ていってしまう。

そんな一男でしたが、ある日宝くじで3億円が当選!
これで3000万の借金を返済し、家族との幸せな生活が戻ってくるはず。
しかし、実際に3億円の大金を目の前にして、お金をどう使ったらよいのかわからなくなってしまい、大学時代の友人で億万長者の九十九(つくも)に久しぶりに連絡をとり、会いに行きます。

九十九は実際にお金を使ってみようとアドバイスし、豪遊パーティーを開く。
酔いつぶれた一男が翌日目を覚ますと、3億円のお金と九十九が消えていたのだった。。

一男は消えたお金と九十九の行方を追って、九十九の知り合いを訪ねていく。

感想と考察 (ネタバレ含む)

ここからの内容はネタバレを含んでいるので、ご注意してください。

お金があれば、元通り?!

主人公の一男は借金が原因で奥さんと娘が出ていき、別居生活。でも、この3億円で借金を返せば、家族みんなでまた幸せに暮らせると思っていました。

九十九の知り合い百瀬と会った時、一男はこう言いました。
「借金返して家族と一緒に暮らしたいんです!そのためにはあの金が必要なんです!」

さらに、千住を訪ねた時、「あなたの家族の値段はいくらですか?」と尋ねられ、
「家族に値段なんてつけられない」と答える一男でしたが、「3000万の借金で家族を失い、3億円で家族を取り戻そうとしているじゃないですか」と千住に言い返されます。
つまり、家族に値段をつけられないといいつつ、3億円あれば家族を取り戻せると思っていて、矛盾しているんですね。

確かに、借金3000万を返して、2億7000万円があれば幸せに暮らせそうですよね。
一男は、借金を返せば元通りになると思ってますが、、、一男の奥さん万佐子は違ったのです。

万佐子と会った時に、一男は3億円当たったことを打ち明けました。
借金がなくなれば家族一緒に暮らせる。一緒に暮らそうというのですが、万佐子は「離婚届けを早く書いて欲しい」と言って立ち去ってしまいました。

一男は「お金さえあれば、借金さえ返せれば、」と思っていますが、どうやらお金があっても戻ってくるようにはみえませんでした。問題はお金ではなかったんでしょうか。

お金の正体とは?

劇中、お金の正体が知りたいと九十九が一男に告げています。お金とは、一体何なんでしょうか?

お金自体が存在しなかった大昔は物々交換で取引をしていました。
例えば食料と毛皮、食料と道具を交換といった具合に。

しかし、欲しいものがあっても常に相手が必要としているものを持っているとは限りません。
そこで発明されたのが「お金」です。

昔は貝殻が通貨として使われていたそうですが、それが金や銀などの金属を使った硬貨、そして紙幣へと進化してきたのです。

金や銀には価値がありますが、紙幣自体に価値はあるのでしょうか?
紙幣は国がなくなってしまえば、ただの紙切れです。
国が紙幣の価値を保証しているから、みんなそれを信用して取引することができているのです。

お金(紙幣)は、信用の上で成り立っているんですね。
九十九も最後、お金の正体の最後の1ピースは、信用だというようなことを言っていました。

価値は誰が決めるの?!

一男が大学時代に九十九とモロッコに海外旅行に行った際、旅の疲れから一男は急に倒れてしまい、露店の商品(お皿など数点)を壊してしまいます。
一男が目を覚まし、九十九に壊した商品のことを尋ねると「弁償した」と言います。

その額なんと34万円!
普通は、露店の皿、数点が34万になることはないでしょう。ぼったくりです。
しかし、九十九は「一男のことを早く病院に連れて行きたかったので、やり取りしている時間が惜しかったので支払った」のです。

身近なモノを例に例えると、500mlのコカ・コーラ1本はだいたい150円くらいです。
そのコーラが1000円だったら買いますか?
きっと買わない人が大半だと思います。

しかし、周りに何のお店もない状態で、ものすごく喉が乾いていて何か飲まないと死んでしまう、という状況だったらどうでしょうか?
今度は買う人が大半なんじゃないでしょうか。

モノの価値は人や状況によって変わる……つまり、モノの価値は実は自分で決めているんじゃないでしょうか。

一男にとっての幸せとは?

一男にとっての幸せとは「借金がない状態で、家族みんなで暮らすこと」でした。

万佐子は、どうして一緒に暮らせないんだと嘆く一男に、話します。

万佐子は、一男が娘のバレエをお金がないからやめさせようとしたことを言います。
万佐子が何度も何度も「娘が初めてやりたいっていったことだから」と説明しても、一男は何度も何度も「やめさせない?」といってきたことを。

「借金があっても私は暮らせていけると思ってた。
でも、借金で人が変わってしまった。
あなたの中にはお金が住み着いてる」と。

一男の妻の万佐子にとっての幸せとは「借金のあるなしに関わらず、娘のやりたいことをやらせて家族みんなで暮らすこと」でした。

借金によって、二人の幸せの価値観が違ってしまったんですね。

私は、BUMP OF CHICKENの主題歌「話がしたいよ」って九十九と一男のことでもあると思いますが、一男と万佐子のことでもあると、この時感じました。

娘のバレエの発表会をみながら一男は泣き出してしまいます。
過去の幸せだった家族を思い出しながら。

このとき、初めて一男は気づいたんじゃないでしょうか。
3億円あっても、家族はもどってこない」と。

おまけ

この記事を書いている最中に気づいたのですが、出てくる登場人物の名前に注目してみて下さい。

一男、九十九、百瀬、千住、十和子、万佐子。

何か気づくことがありませんか?
これらのキャラクターの名前の中に数字が入っているんです。

またお金の正体を探していた九十九が「99個は見つかったが、最後の1個が見つからない。でも一男くんのおかげで最後の1つがみつかった」と言っていました。
ここでも九十九の99と一男の1が出てくるんです。

ネーミングにもこだわっていたんですね。

まとめ

今回は映画「億男」をみて、お金とはなんなのか?、モノの価値や幸せについて考えてみました。

ネタバレになりますが、「お金によって人が変わるんじゃない。人がお金を変えているんだ。」と九十九は最後に言います。

お金は所詮紙切れです。1万円の価値を決めるのは私達である。モノの価値も、幸せも自分で決める。ということを感じました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です