格安航空券でいく!ニューカレドニア◆エアカランなら11月出発限定2人目無料!

ニューカレドニアーーそれは、世界一天国に近い島。
そんな島に格安で行く方法をご紹介します。

エアカランなら11月出発で2人目が無料!

今エアカランでとてもお得なキャンペーンを行っています。
それは……11月の出発限定!ニューカレドニアの航空券が2人目無料なんです!つまり2人で行くなら50%OFFで行けてしまうということです!

ニューカレドニアは11月はちょうど春の気候。
海に入ったりするには涼しいかもしれないですが、ニューカレドニアは海に入らなくてもリゾート地として、ダイビングに大自然にご飯にと、満喫できること間違いなし!の素敵なところです。

ニューカレドニアとは?!

オーストラリアの東に位置するフランス領の島です。1年を通じて穏やかな気候で、世界最大規模の珊瑚礁は、ユネスコ世界遺産に登録されています。その他にも手付かずの自然、美しい街並み、美しい海などが魅力です。ニューカレドニアはいくつかの島があり、島も人気です。島の中でも特に美しいとされるのが「イルデパン島」。イルデパン島へは、ニューカレドニアの首都・ヌメアから国内線で約30分です。便数も多く、日帰り旅行も可能です。

基本情報

国名フランス領ニューカレドニア
首都ヌメア
公用語フランス語
※ホテル・レストランでは英語もかなり通じるようです。
時差日本プラス2時間(フライトは直行便で8時間)
通貨 フレンチ・パシフィック・フランまたはユーロの利用も可

季節・気候

季節は日本と全くの逆です!日本で夏だとニューカレドアニアは冬にあたり、日本が冬だとニューカレドニアは夏になります。
年間平均気温は24℃前後で、真夏(日本で2月)は30℃を超えますが、湿気が少なくカラっとしているので比較的過ごしやすいです。冬場(日本で6~9月)は朝晩は20℃を下回ることもあるので、長袖の上着が必須です。
島の気候は熱帯で、季節によっては非常に雨が多いですが、5月から11月は比較的降水量が少なく過ごしやすいです。

天国に一番近い島

ニューカレドニアは「天国に一番近い島」と言われています。

青い海、青い空、綺麗な自然、温暖な気候が揃っているから「天国に一番近い島」と言われている。

のではありません。

作家の森村桂(もりむらかつら)さんが書いた本「天国にいちばん近い島」の中でニューカレドニアが理想の島として書かれています。

これを原作として1984年に女優の原田知世さんが出演して映画化されたことで、日本人にとってニューカレドニアが天国に一番近い島と呼ばれるようになったそうです。

映画はブルーレイ化もされているので、旅行前に観てみるのもいいかもしれませんね。

ニューカレドニアの魅力

パリの街並みを彷彿させる街「ヌメア」

「プチパリ」とも言われるニューカレドニア最大の街・ヌメア。白を基調としたコロニアル風の建物が建ち並ぶ街並みが、まるでパリの街並みを彷彿させます。
通りにはお洒落なカフェやレストラン、ブティックショップが軒を連ねます。ヌメアのビーチ沿いには、多くのリゾートやショッピングモール、カジノもあります。

素晴らしいダイビングスポットがたくさん

ヌメアがある本島をはじめ、ニューカレドニアはたくさんの島々があり、一年中ダイビングを楽しむことができます。

世界遺産にも登録されている美しい「珊瑚礁」をはじめ、ギンガメアジ、バラクーダ、ウミガメ、マンタ、レイリーフシャークが一年中楽しめます。

時期により、イルカやマダラトビエイ、ブラックバタフライフィッシュ、ザトウクジラを見ることもできます。

11月だとギンガメアジ、バラクーダ、ウミガメ、マンタ、レイリーフシャークに加え、ナポレオン、ブラックバタフライフィッシュ、エレガントゴビーの出現率が高いそうです。

手付かずの美しい自然

世界の最果てに来たような手付かずの自然が残る島々や離島ならではの文化がニューカレドニアにはあります。
美しい海はもちろん、色とりどりの魚たち、ウミガメ、イルカなどの動物たち、世界遺産にも登録されている貴重な珊瑚礁……そのままの自然を楽しんでみてください。感動があふれていますよ。

おすすめなのが……グリーン島(Green Island)。こちらは世界遺産に登録されている美しい珊瑚礁に出会える無人島です。
浅瀬の海が広がっているので魚も近くで見ることができ、まるでダイビング気分を味わえます。運が良ければウミガメ、イルカ、ジュゴンなどにも出会えることも!
余談ですが、ハンターハンター好きの人なら名前だけで訪れたくなる島ですねw

実際いくらなの?!

モデルプラン

会社勤めで働いている方はそんなたくさんお休みはとれないもの。そこで11月の3連休に+2日休みをつけて5日間(飛行機の時間が悪く、実質丸3日)で検索!
行きはなんと最安値の31,610円!

帰りは……53,120円!

合計・・・・・・84730円。

1人当たり約42,500円です。

すごい。とってもお得にいけますね。

今回の例で行くと

  • 11/21(水) 1日目
    • 12:15成田空港発 => 22:45ラ・トントゥータ着
  • 11/22(木)~11/24(土) 2~4日目
    • 終日フリータイム
  • 11/25(日) 5日目
    • 00:45ラ・トントゥータ発 => 07:50成田空港着

飛行機は、行きはお昼発の夜中着。1日目は移動で終わってしまいます。2日~4日目は終日フリータイムで思っきり満喫。最終日は夜中発なので、最後までたっぷりニューカレドニアを楽しむことができます。

まとめ

今回はニューカレドニアへ格安で行く方法を紹介しました。2人で行くなら50%OFFで行けてかなりお得ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です