ついに、新元号が発表!‟令和”には、どのような願いが込められている?~解説~

2019年4月1日、菅官房長官より新元号が発表されました。
新元号は「令和(れいわ・reiwa)」です。

新元号・令和とは……?

令は、元号初登場!

 

令和とは、平成の次の元号で大化以降248番目となります。
「令」の漢字は元号初登場! 「和」は20回目の登場となるそうです。
平成は今上天皇の退により2019年(平成31年)4月30日をもって終了し、皇太子徳仁親王が即位する2019年5月1日から令和元年となる予定です。日本の憲政史上では初の生前退位に伴う皇位継承による改元となります。

万葉集より

初めて漢籍ではなく、日本の書物よりとったとのことです!

その日本の書物とは、『万葉集』です。万葉集の梅の花の歌32首の序文にある「初春の令月にして、気淑(きよ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫(かお)らす」から引用したそうです。

個人的には令という漢字が意外でした。
令は、命令や省令などに使われるので、ちょっと高圧的なイメージをもちます。

令和に込められた意味とは?

・人が美しい心を寄せあう中で文化が生まれ育つ
・悠久の歴史と四季折々の文化、次の世代へ引き継いでほしい
・梅の花のように日本人が明日への希望を咲かせる

といった願いを込めたそうです。とても素敵ですね。

安倍首相会見該当部分の全文

 この令和には、「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味が込められております。

万葉集は1200年あまり前に編纂された日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけなく防人や農民まで幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と、長い伝統を象徴する国書であります。

悠久の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく。厳しい寒さのあとに春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のよう一人一人の日本人が明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたいという思いを込め、令和に決定しました。

まとめ

令とは冷たいイメージがあったのですが、こう説明されるとなんだか素敵ですね!

2019年5月1日より、令和元年が始まります。まだ見慣れないので不思議な感じがしますが、とても素敵な元号になったと思います。

令とか和は名前にも使いやすい字なので、これから生まれる赤ちゃんは、令や和がつく名前が増えそうですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です