読んでないなんて勿体ない!超個人的なオススメ漫画3選(+おまけ2選)

超個人的ですが『絶対的な自信をもってオススメできる漫画3選』を紹介します。

私は新しい漫画を探すとき、漫画好きさんたちが書いているブログを参考にします。
私はそんな人たちには劣りますが……1,500冊ほど所蔵している私がオススメしたい漫画です!

余談ですがw人気長編作品「ワンピース」や「ナルト」「ハンターハンター」などなど、まだ読んでいない人がいるなら・・・・・・心の底から羨ましいですw
こんなに面白い作品を、1からこんなところまで一気に読めるなんて。なんて幸福なんだとw

なので、これからご紹介する作品も「まだ読んでいないなんて羨ましい!」と思える作品です。
さらに、メジャーな作品は読んでしまった……という人にも「こんな面白い漫画がまだあったなんて!」と思ってもらえるように、まだ読んでいる人が比較的少なそうな作品を選びました!

ルール
①なんとか賞(まんが大賞とかこの漫画がすごい等)で1位になっていないもの
②(個人的になってしまいますが)爆発的ヒットしていないこと
③私が自信をもってオススメできるもの

1.王様達のヴァイキング

あらすじ

高校中退、バイトもすぐクビ。人と上手く関われない孤独な天才ハッカー・是枝一希と、エンジェル投資家・坂井大輔がITを武器に「世界征服」を目指す物語。

圧倒的なおもしろさ!で続きが気になって仕方ない

圧倒的にストーリーが面白いです!先が気になる展開にハラハラ・ドキドキしました。
早く次が読みたくて読みたくて仕方ないです。また夢に向かって頑張っている大人達がたくさんでてきて、応援したくなりました。犬の256もとってもかわいいです。

さらに、ダメダメな是枝少年の成長に胸が熱くなります。

攻殻機動隊PSYCHO-PASS好きには超オススメ!

好みが分かれると思いますが私は近未来SFもの(甲殻機動隊PSYCHO-PASSなど)が、とても好きです。この作品も近未来SFの要素を含んでおり、ITを武器に様々な犯罪と対峙していくのですが、そう遠くない未来(5年後とかに)起こりうると思えてしまうほど、リアルな描写や事件に魅入ってしまいました。

基本情報

ジャンル青年漫画
作者さだやす(ストーリー協力:深見真)
出版社小学館
掲載誌ビッグコミックスピリッツ
連載2013年14号 – 連載中
巻数既刊16巻(2018年9月20日現在)

 

2.あまつき

あらすじ

日本史のテストで赤点を取った六合鴇時(りくごうときどき)は、春休みに補習としてハイテク技術を駆使し、4Dで再現された大江戸幕末巡回展に行くことになる。
しかし、突如謎の妖(あやかし)『鵺』に襲われる
間一髪の所をとある少女・朽葉に助けられるが、気が付くとそこは大江戸幕末巡回展ではなく、元いた自分の世界とは全く異なる世界・雨夜之月“あまつき”であった。

六合は“あまつき”と呼ばれるその世界で白紙(はくたく)のものと呼ばれ事件に巻き込まれていくーー。
この世界とは一体?! 無事もとの世界に戻れるのか?!

予想を裏切る結末

あらすじだけを読むと、よくある世界転生ものね!と思うと思うのですが……読み進むといい意味で見事に予想を裏切られます
(壮大なネタばれになるので上手く伝えられなくて悔しいのですが……)

24巻とそれほど長くないのでぜひ読んでいただきたいです。
この世界の正体に行き着いたとき「えーーーーーー!!!」「すげーーーーーーっ」と思わず叫んでしまった気分をぜひ味わってほしいですw

いたるところに伏線がはられていて(すべては回収していないかもしれないですが汗)見事に回収され、収束していくストーリーはお見事です!

個人的には設定が花丸すぎますw色々なところがつながるのもとっても面白かったです。
もちろんストーリーも楽しく読めますよ。

基本情報

ジャンルファンタジー
作者高山しのぶ
出版社一迅社
掲載誌コミックZERO-SUM
連載完結
巻数全24巻

3.神様のバレー

あらすじ

実業バレー団の凄腕アナリスト・阿月総一は、的確に相手の弱点を見抜いて、相手チームの嫌がるプレイをしかける「嫌がらせの天才」。
その実力は確かで裏方ながらチームを2度優勝に導いていた。
実業バレー団の会長が「万年1回戦負けのチームを全国優勝させれば、全日本男子の監督のイスを用意する」という賭けをもちかける。
かくして阿月は、万年一回戦敗退の弱小チームのバレー部のコーチとなる。しかし彼には別の目的があった?!はたして彼は弱小チームを優勝させれらるのか?!

ただのスポーツ漫画にあらず!

スポーツ漫画というと「努力と汗と根性と!」が定番で私も大好きですが、神様のバレーはそれだけではありません。
それは監督・阿月の性格の悪さと頭の良さがにじみ出る作戦です。見ていて爽快で、むかつきながらもやられた!という気持ちになります。たまに読者さながら騙されるので作戦に参加している気分になります。

さらに監督目線・選手目線でストーリーが進むため、とても読みやすく感情移入して思わず応援していますw

生徒たちも努力と汗と根性!+阿月の敵の弱点をつく作戦を学び、応用し成長していく姿にスポーツ漫画特有の胸の熱さも感じつつ、作戦で勝つといった要素がさらにおもしろくさせています。

神様のバレーはただのスポーツ漫画にあらず!とっても楽しめる作品です。

基本情報

ジャンルスポーツ
作者原作 渡辺ツルヤ
作画 西崎泰正
出版社芳文社
掲載誌週刊漫画TIMES
連載2012年12月21日号〜不定期連載中
巻数既刊17巻(2018年9月現在)

おまけ

おまけでは既に超人気作品ですが作品を読むともっともっともっと人気が出てもいいと思う作品です。
既に読まれているかと思うのですが万が一読まれていない方がいた場合の保険で、ぜひご紹介させてください!!笑

銀河英雄伝説

原作は、アルスラーン戦記の原作でも知られる田中芳樹の同名小説。作画は「封神演義」の藤崎 竜。これだけでも魅力的ですが、内容もそれを裏切りません。

遥かな未来。銀河に進出した人類は、二大陣営に分かれて戦っていた。
皇帝と貴族が支配する銀河帝国と、帝国から脱出した人々が建国した自由惑星同盟である。

主人公は二人の青年。
一人は、帝国の貧しい貴族に生まれたラインハルト。母代りの敬愛する姉と、無二の親友がいた。
しかし、彼が10歳の時に姉が皇帝の後宮に収められたことを契機として、ラインハルトは軍人の道を歩み始める。
それは、いつか皇帝から姉を取り戻す力を得るためだった。

もう一人は同盟に生まれたヤン。彼は歴史家を志す青年だったが、経済的事情により士官学校に入学する。
軍で思わぬ功績を立てたヤンは宇宙艦隊の幕僚となり、ラインハルトが指揮する帝国軍との戦いで、劣勢な味方の全面的な崩壊を防いだことにより、若くして艦隊司令官に抜擢される。

戦争で圧倒的な力を見せつけ姉を取り戻したいと願う青年、戦争が嫌いで束の間の平和を願う青年、この二人の交戦、お互いの野望や夢に向かう姿が描かれる。

プラチナエンド

名作「DEATH NOTE(デスノート)」の名コンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健で送るバトル漫画。
まずは1巻を読んでほしい。1巻のラスト、あなたはこの作品に魅入り、そして次巻を手にしています

それぐらい1巻の展開がおもしろく、早くも2巻、3巻と読んでしまいます。
絵も綺麗でとっても上手でストーリーも抜群におもしろく、言うことなしです。デスノートファンにも喜んでもらえると思います。

まとめ

今回は個人的にオススメしたいマイナー漫画3選を紹介しました。

どの作品も面白いので、もし読んだことなければ読んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です