インドネシアバリ島のタクシー事情

インドネシアのバリ島では交通機関があまり発展していません。電車がないので基本的に移動はタクシーになります。海外旅行でタクシーを使うのってちょっと不安ですよね。そこで今回はバリ島のタクシー事情について紹介したいと思います。

空港からの移動

バリ島のングラライ空港に到着したらそこからはタクシーで移動しないといけません。預け荷物を受け取って外に出るとタクシーの運転手に至るところで声をかけられると思います。声かけをしてくる運転手は観光客目当てのボッタクリタクシーです。絶対に乗らないようにしてください。中には片言の日本語で話しかけてくる人もいますが、それもボッタクリなので注意して下さい。空港からの移動は正規のAirport Taxiを使いましょう。Airport Taxi Counterの標識が出ているので、標識に従って移動し、そこで前払いの料金を払って移動して下さい。

タクシーの種類

インドネシアのタクシーにはメーター型のタクシー交渉型のタクシーがあります。

メーター型のタクシーで有名なのはBlue Bird Taxi(ブルーバードタクシー)です。Blue Bird Taxiを使っておけば安心なのですが、街中にはBlue Bird Taxiそっくりのタクシーがたくさん走っているので注意が必要です。フロントガラスにBlue Bird Taxiと書いてあったり、リアガラスにBlue Bird Taxiのアプリの宣伝が貼ってあるのがBlue Bird Taxiになります。走り出してもメーターを倒してくれなかったり、途中で偽物に乗ってしまったと気づいたらすぐに降りて、別なタクシーを拾いましょう。

交渉型のタクシーとは乗る前にいくらでどこまで移動、というのが決まっているタクシーのことです。メーター型のタクシーに比べると割高になることが多いようです。

ホテルタクシー

今回の旅行ではホテルでタクシーを呼んでもらって移動することが多かったのでそれぞれの移動距離と料金についてまとめてみました。

出発地目的地移動距離料金
ブルガリホテルヌサドゥア約16km20万ルピア
アヤナホテル(ロックバー)ヌサドゥア約13km15万ルピア
ヌサドゥアWaterBom約14km25万ルピア
WaterBomカルフール =>ヌサドゥア=>空港約31km70万ルピア

これをみると料金に結構バラつきがありました。特に最後のWaterBomからの移動では途中でカルフールに寄ってもらったのですが、それで余計に20万ルピア取られてしまいました。またヌサドゥアのホテルからWaterBomの移動も含めて70万ルピアと思っていたのですが、最後に空港で料金を払う時にホテルからWaterBomで払った料金(ホテルで呼んだので料金20万ルピアはホテルで支払った)は含まれないと言われました。交渉型のタクシーでは必ずどこからどこへの移動でいくらかかるのかしっかり確認した方がよいと思います。

どのタクシーでも「途中どこかに寄って行きますか?」、「お土産屋さん寄りますか?」と聞かれることが多かったです。一度観光地のショピングモールに行く前にタクシーの運転手が知っているお土産屋さんの方が安く買えるというので寄ってみたのですが、全然安くなかったです。時間に余裕があって興味があるなら寄ってもいいと思いますが、それ以外の時は「No, thank you」とはっきり断りましょう。

バリ島から帰ってきてから気づいたのですが、ホテルでタクシーを呼ぶときに「Blue Bird Taxiを呼んで下さい」というとBlue Bird Taxiを呼んでもらえることもあるらしいのでなるべく安く済ませるならBlue Bird Taxiを呼んでもらいましょう。

まとめ

今回はバリ島でのタクシー事情について紹介しました。特に今回はホテルでタクシーを呼んでもらって移動することが多かったので、実際にいくらかかったのか、どういうところに注意した方がいいのかをまとめました。タクシーで料金をぼったくられるとせっかくの楽しい旅行が悲しい気分になってしまうので注意してタクシーに乗って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です