誰でも簡単!無料の画像加工アプリ「Skitch」の使い方紹介

Webページやブログなどを見ていると以下のように文字や図形で綺麗に装飾された画像を見かけることありませんか?

これは「Skitch」というアプリで画像を編集したものです。今回はこの「Skitch」について紹介していきます。

Skitchとは?

SkitchとはEvernote社が開発している画像編集アプリです。以前はWindows版もあったのですが、現在は残念ながらMac版しかサポートしていません。スマホ版のSkitchはサポートはありませんが、iPhoneやiPadでダウンロードすることができます。

Skitchを使うと簡単に画像に文字を追加したり、矢印を追加したり、囲いを追加したりできます。ブログ用に画像を編集したり、画像に説明を加えて他の人に共有したりしたい時にとても便利ですよ!

使い方

今回はMac版の使い方を紹介していきます。

ダウンロード

まず公式ページにアクセスしてダウンロードをしましょう。
ダウンロードフォルダにダウンロードされたらアプリケーションフォルダに移動させましょう。

もしくはAppStoreからダウンロードすることができます。AppStoreからダウンロードすると最初からアプリケーションフォルダにインストールされます。

アプリケーションフォルダのSkitchをダブルクリックして起動させましょう。

キャプチャ方法

画面中央上にある「画面のキャプチャ」をクリックしてみましょう。

そうすると画面に十字のマーカーが表示されます。画面をキャプチャしたい範囲をドラッグ&クリックで選択して下さい。

そうするとキャプチャした画像とウィンドウの左側に様々なツールバーが表示されます。

画像の加工

ツールバーのアイコンをクリックすることで様々な画像編集を行うことができます。図形ツールで注目したい部分を囲って、文字ツールで説明、矢印でどこを説明しているのか補足。これだけでだいぶわかりやすい画像をつくることができます。パスワードや人の顔をぼやかしたい時はモザイクツールがとても便利ですよ。

画像の保存

画像を編集したら、保存を行いましょう。

画面上部の「編集」=>「画像をコピー」をクリックして画像をコピーして下さい。そしてMacの「プレビュー」アプリを起動し、Command + nで先程の画像のコピーから画像を新規作成し、Command + sで画像を保存することができます。

この方法で画像を保存していたのですが、もっと簡単な方法がありました!

画面上部の「ファイル」=>「エクスポート」を選択して下さい。エクスポートのところにお好きな画像名、フォーマットでお好きなフォーマットを選択し、「保存」をクリックすることが画像の保存が完了します。

またSkitchはEvernote社が開発しているので画像をEvernote上に保存することができます。ウィンドウの左上に「Evernoteにサインインして保存…」をクリックし、Evernoteにログインして下さい。これだけでEvernote上に画像の保存が完了します。簡単ですね。

また再度画像を編集したい時は、Skitchアプリのウィンドウに編集したい画像をドラッグ&ドロップすることで再度編集することが可能です。

まとめ

今回は簡単に画像を編集することができるアプリ「Skitch」を紹介しました。
操作方法がとても簡単なのでどなたでもすぐに使いこなすことができると思います。
是非使ってみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です