メルカリのスマホ決済「メルペイ」の使い方・始め方

メルペイの使い方・始め方

2019年2月13日にメルカリからスマホ決済の新サービス「メルペイ」が遂にリリースされました!

メルペイとはなんなのか、メルペイで何ができるようになるのか、どうやって使うのか紹介していきたいと思います。

メルペイとは?

メルペイとはフリマアプリで有名なメルカリの子会社メルペイが提供するスマホ決済サービスです。

特徴

一番の特徴はメルカリの売上金をそのまま日常の決済で使うことができることです。
今まではメルカリで商品を売って得たお金を使うには売上金の振込申請をして、登録してある銀行口座に振り込む必要がありました。
それがメルペイを使うことにより、メルカリで売って得たお金をすぐにセブンイレブン、ローソンなどのコンビニやすき家、マクドナルド、ガストなどの飲食店といった実店舗で使えるのです!
iD(アイディ)で支払いができるお店であればどこでも使えます。もちろん今まで通り、メルカリでの買い物にも使えますよ!

メリット

  • 電子マネーとして使える
  • 支払いやチャージにかかる手数料は無料
  • 銀行口座を登録すれば振込申請期限がなくなる
  • iD(アイディ)が使える店舗ならどこでも使える(90万店舗以上)

メルペイの使い方

メルペイは現在のところiOS版のみの提供となっています。Android版の開発もしているそうなのでAndroidユーザーの方はもうしばらく待ちましょう。

またiPhoneでもメルペイを利用できるOSバージョンと端末は下記の通りとなっています。

  • iPhone(iOS 10.1以上)
  • Apple Pay対応端末

最新のiPhoneであればだいたい使えますね。

アップデート

メルペイを使うにはメルカリのアプリのバージョン4.0.0以上にアップデートしてください。

メルペイの始め方

電子マネーカードの作成

メルペイを使うには電子マネーカードを作成する必要があります。ボタンをポチポチしていくだけで作成できるので簡単ですよ。
メルカリをアップデートしてからアプリを起動すると、画面の右下に「メルペイ」のボタンが表示されているのでタップしましょう。

電話番号認証メルペイ電子マネーカード

使うには電話番号認証が必要です。登録してある電話番号に4桁の認証番号が届くので、それを入力すれば電子マネーカードの作成は完了です。自動的にApplePayに登録されるのでウォレットアプリを開くとメルペイの電子マネーカードが表示されます。

メルペイ支払い

あとは店頭で「支払いはiD(アイディ)で」伝えましょう。店頭に用意されている端末にiPhoneを近づけて認証するだけで支払いが完了してしまいます。最近テレビでよくみるPayPayのQRコード決済と比べるとかなりスピーディーに決済できるので使いやすさは抜群です。

チャージ方法

普段メルカリを使っていなくて売上金がないという方は銀行口座を登録してチャージすることで使えます。
対応している銀行は三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行など、主要な銀行にはだいたい対応しています。銀行口座に登録すると、振込申請期限がなくなるというメリットもありますよ。

まとめ

今回はメルカリのスマホ決済サービス「メルペイ」の使い方・始め方についてご紹介しました。

実際に触ってみると、UXが素晴らしく支払いまでの操作が滑らかで使い勝手がかなり良いです。QRコード決済でなくてiD(アイディ)が使えるお店ならどこでも使えるという点もプラス。
LINE Pay、PayPay、楽天Payなど様々なスマホ決済サービスが出てきていますが、メルペイはメルカリの売上金が使えるという特徴もあるのでこれから使う人がどんどん増えていきそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です