Google Search Consoleで「送信された URL に noindex タグが追加されています」が出た時の対応方法

新しいGoogle Search Consoleのインデックスカバレッジレポートのページを開いた時に「送信された URL に noindex タグが追加されています」と表示されていました。

該当のページは/sitemap.htmlでした。なぜこのエラーが起きたのか調べて、原因と対応方法がわかったので今回は「送信された URL に noindex タグが追加されています」がエラーが起きた原因と対応方法について紹介していきたいと思います。

「送信された URL に noindex タグが追加されています」の原因

自分ではsitemap.htmlをつくった覚えはなかったのですが、実際に/sitemap.htmlにアクセスして中身をみてみると、ファイルが存在し、

noindexのmeta tagが含まれていました。noindexは検索エンジンにページをインデックスさせたくない時に使うタグです。

そもそも/sitemap.htmlは必要がないのでこちらのファイルを消してしまいましょう。
このブログではGoogle XML sitemapsを使っており、このプラグインでHTML形式のサイトマップが生成されていました。

ではHTML形式のサイトマップを生成しないようにする方法をみていきましょう。

「送信された URL に noindex タグが追加されています」の対応方法

WordPressのダッシュボードから「設定」=>「XML-Sitemap」とたどっていき、Google XML sitemapsを開きましょう。
Google XML sitemapsのプラグインを使っていると、デフォルト設定で「HTML形式でのサイトマップを含める」にチェックが入っています。

チェックをはずして「設定を更新」ボタンを押して下さい。これでHTML形式のサイトマップが生成されなくなります。

更新したら/sitemap.htmlにアクセスしてhtmlファイルが生成されていないことを確認して下さい。
確認し終わったらGoogle Search Consoleにアクセスし「送信された URL に noindex タグが追加されています」のエラーが出ていたページを開き、「修正を検証」ボタン押して下さい。

エラーが解消されるまで通常、数日〜1週間程度かかります。

まとめ

今回はGoogle Search Consoleで「送信された URL に noindex タグが追加されています」が表示された時の原因と対応方法について紹介しました。同じエラーに出くわした方は今回紹介した方法を試してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です