まだ知らないの?新しいGoogle Chromeを試してみた

Google Chormeが9月1日で公開10周年を迎えました。
そして9月4日にWindows, Mac, Android, iOS, Linux向けに「Google Chrome 69」が公開されました。

今回のメジャーアップデートでは大幅なデザイン変更に加え、様々な機能が追加、改善されました
そこで今回は「Google Chrome 69」でどこが新しくなったのか紹介していきたいと思います。

どこが新しくなった?

こちらが以前のChromeです。

そしてこちらが「Google Chrome 69」です。

変わったところに印をつけておきました。

デザインが刷新。全体的に丸くなった

まずタブの角が丸くなりました。アドレスバーも四角だったものが角が丸くなっています。新しいデザインだと全体的に柔らかい印象を受けますね。

ユーザーのアイコンが今までは画面右上のタブがある高さにあったものが、アドレスバーの横に移動になりました。
タブの表示領域が増えたのでたくさんタブを開きがちな人には嬉しい仕様変更ですね。

httpsが標準に

次はhttpsのサイトを見た時の表示が変わりました。
以前のChromeだと、httpsのサイトを閲覧している時にアドレスバーに「保護された通信」という文字と共に鍵のアイコンの表示でしたが、新しいChromeだと鍵アイコンのみの表示です。
最近ではhttpsのサイトが標準になってきており、逆にhttpのサイトだと「保護されていない通信」という表示が出てきます。

パスワード自動生成

Image: www.blog.google

新しいChromeでは新しいサービスに登録する際にパスワードを自動生成してくれるようになるんです。
自動生成されたパスワードはGoogleアカウントに紐付いて保存されるのでPCで生成したパスワードもスマホのChromeでログインすれば同じように使えます。

アドレスバーでの検索結果表示

アドレスバーで検索文字を入れた時にページを開かなくても結果が見れるようになったんです。

地名と天気を入れるとその地域の天気が表示されます。

英語と翻訳してほしい文章を入れると、翻訳結果が出ます。
ちょっとした英語を書かないといけないときとか便利そう!

スポーツに関する情報も表示してくれます。
サッカーと日本代表で検索すると、次に日本代表戦の開始時刻が表示されます。

その他のChromeの便利機能

サイト内検索

Google Chromeで「サイト内検索」のあるページでサイト内検索すると、Chromeが勝手に覚えてくれて次からは簡単にサイト内検索出来る場合があるんです。

例えばcookpad.comでレシピを検索したことがある状態で、アドレスバーにcookpad.comと入力するとアドレスバーの右側に「”タブ”を押してクックパッドレシピを検索」という表示がでます。

そしてタブを押すと、「クックパッドレシピを検索」という表示に変わります。そこで「カレー」と入力すると、

クックパッドでカレー検索したページがそのまま表示されるんです。

どのサイトが登録されているのかはChromeの「環境設定」=> 「検索エンジンの管理」で確認することができます。

自分のを見てみるとAirbnbやGoogle Driveが登録されていました。
また「その他の検索エンジン」の右側にある「追加」ボタンを押せば自分でサイトを登録することができますよ

画面全体のキャプチャ

Chromeではスクロールが必要なページの画面全体のキャプチャをプラグインなしで撮ることができます。詳しいやり方はこちらの記事で紹介しているので見てみて下さい。

拡張機能なしでChromeでページ全体をキャプチャする方法

まとめ

今回は新しくなった「Google Chrome 69」で何が新しくなったのかを紹介しました。

個人的にはパスワードを自動生成してくれる機能がすごい便利そうだなと思いました。
脆弱性に対するアップデートも含まれているのでまだChromeをアップデートしていない方はアップデートしておきましょう!

アップデートはMacなら左上のバーの「Chrome」=>「Chromeについて」のページ、WindowsならChromeのウィンドウの右上の「︙」(3点マーク) =>「ヘルプ」=>「Chromeについて」を開けばアップデートできますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です