パスポートの取り方《新宿パスポートセンターでパスポートとってみた》

今日は東京都に住民票がある方のパスポートの取り方をご紹介します。

先日新宿パスポートセンターでパスポートを申請&受取してきたので、
申請するために必要な書類、一連の流れと混み具合、注意事項など、ご紹介したいと思います。

1.パスポートの申請について基本情報

2018年8月現在、ネットや郵送での申請は行っておりません。
以前はネット申請を実験的に行っていたみたいですが、現在はパスポートセンターへ足を運んで申請するしかパスポートを取得することはできません。

◆申請場所

東京都だと4箇所。新宿・有楽町・池袋・立川となります。

◆窓口の受付時間

※窓口の受付時間は、新宿・有楽町・池袋・立川ともに同じです。

申請受付時間
月~水曜日 午前 09:00~午後 07:00
木・金曜日 午前 09:00~午後 05:00
日曜日 申請受付業務は行いません

休業日
土曜日・国民の祝日・年末年始(12/29~1/3)は休みです。
国民の祝日と重なった日曜日には旅券受領窓口を開け、振替休日が休みになります。

◆手数料一覧≪東京都の場合≫

新規発給申請(切替新規申請や訂正新規申請も)
10年間有効       16,000円
5年間有効(12歳以上) 11,000円
5年間有効(12歳未満) 16,000円

詳しくはこちら

◆受け取りまでの日数

6日間
※土曜日・日曜日・国民の祝日・振替休日 ・年末年始(12/29~1/3) を除く。
詳しくはこちら

2.≪事前準備≫パスポートを新規取得するために必要な書類

次は必要な書類についてです。
配布場所へとりに行ったり、本籍地が遠方の方は郵送で証明書を取り寄せたりと時間がかかるものもあるため、前もって準備しておくといいですね。

■一般旅券発給申請書(10年用又は5年用) 1通

こちらは事前に記入していったほうが時間短縮になります。
書類はパスポートセンター以外でも入手可能。東京都の入手場所はこちら

※折り曲げ厳禁なので、A4サイズが入るバッグやクリアファイルを持参するといいと思います。
※申請は、新宿、有楽町、池袋、立川以外ではできません。あくまで申請書を配布しているだけですのでご注意を!

■戸籍謄本又は抄本(原本で取得日は6ヶ月以内) 1通

どちらでも大丈夫です。現在ですと、戸籍全部事項や戸籍個人事項なんて呼んでいたりしますね。
こちらは本籍地がある役所で取れます。住民票と本籍地が違う場合、本籍地のある市区町村に申請するともらえます。
郵送で送ってくれるところがほとんどです。
また、マイナンバーカードを持っていて、該当する一部の市区町村はコンビニのコピー機でとれたりします。
対応している市区町村はこちらで確認できます。

△住民票の写し 1通

こちらは下記へ該当する方のみ必要となります。
(必要となる方)
(1)住民基本台帳ネットワークシステムの利用を希望されない方
(2)住民登録をしていない単身赴任先や就学先等の都道府県で申請される方(この場合、都道府県によっては対応が異なりますので、詳細は申請先のパスポートセンターにて確認ください。)

■写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル) 1葉

私は無料アプリの「美肌証明写真〜美肌加工でキレイな証明写真を作成!」で作りました。
使い方は簡単です。自分で写真をとり、納得した写真をコンビニのコピー機で写真L版でプリントアウトするだけ!
たった20円で証明写真がとれました。しかも美肌加工つきw
5年や10年つかうんだもの、良い写真で申請したい……w
写真屋さんで撮った写真じゃなかったので申請通るか不安でしたが、実際に申請できパスポート取得できましたよ。

■身元確認書類(運転免許証等)

以上です!

詳しくはこちら
・外務省HP 国内及び国外でパスポートに関する申請手続きに通常必要な書類
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_5.html

・切替発給の持ち物はこちら
https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_5.html#02

地域ごとだともっと詳しく掲載されています
東京都はこちら
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/passport/guide/application/0000000362.html

3.準備完了!さっそくパスポートセンターへ

まず申請の受付をするために並びますw

パスポートセンターはとても混むそうです。混む月と混む時間帯が紹介されていました。

 

とはいっても、混む月の混む時間しかいけない人も多いですよね。私もその一人。

私は7月の月曜日、18:30過ぎに新宿へいきましたw場所はこちら

大江戸線の都庁前駅だと直通、新宿駅でも徒歩10分程度でつきました。
新宿からくる場合は、西口の地下から都庁を目指して下さい!

着いた時刻は、18:30。外に50名は並んでました。
さらにパスポートセンターで待っている人は80人ぐらいいました。

書類がそろった人から並んでくださいといわれます。ほとんどの人が記入済の申請書をもってきているようで、ついてすぐ列にならんでいました。

事前に取りにいけない人も、記入していない人も大丈夫です!パスポートセンターで一般旅券発給申請書が置いてありますし、記入もできます。書いている人も数人いらっしゃいましたよ。

並んでしばらくすると係りの人が写真のチェックをしにきました。
写真の大きさ、顔の大きさを確認していました。
もし規定にみたない場合、近くに取れる場所があるみたいでそちらを案内してもらっていました。

長蛇の列で19時までに申請できなかったらどうなるんだろう……と私も不安だったのですが、
19時までに列に並べば受付してくれるそうです!(2018年7月現在)よかった~
でも19時には私が並んだ時以上に列ができていたので、ちょっとでも早めのほうがいいかもしれません。

受付をします。

並んで順番がきたら、受付をしました。
ここで書類がきちんとあるか確認して渡します。ここまで約30分並びました。

ここでパスポートを取得したことがあるか、ある場合はいつぐらいか、など確認されました。
私は申請書のパスポートを取得したことがあるかを記載する欄を空欄でだしました。
10年以上前に申請し、切れていて、どこにあるかわからず。。。その場合はどうするか記載していなかったので、空欄にしました。そしたら丁寧に聞いてくれました。

…申請中…呼ばれるまで待ちます。パスポートとの引き換えの用紙をもらい、終了!

番号札をもらって、呼ばれるまでお待ちくださいといわれました。
番号をみると……75人待ちぐらい。ここで1時間半待ち。
免許書を見せて本人確認して、受け取るための書類をもらって終了。

○日〜受け取れますよ。と丁寧に書いてありました。

4. 全所要時間と受け取り

移動時間など含めると、3時間ぐらいかかりました。つかれたー。

ついてから、パスポートを受け取るための書類(A4の紙1枚)をもらうまで約2時間でした。

6営業日まって受け取りです。
受け取りは日曜もいけるので助かります。

旅券受領受付時間

月~水曜日  午前 09:00~午後 07:00
木・金曜日  午前 09:00~午後 05:00
日曜日  午前 09:00~午後 05:00

休業日

  • 土曜日・国民の祝日・年末年始(12/29~1/3)は休みです。
  • 国民の祝日と重なった日曜日には旅券受領窓口を開け、振替休日が休みになります。

受け取りはとってもスムーズ。

同じく新宿パスポートセンターへ。

まずお金を払います。領収書をもらい、それともらった書類渡して、待つこと2分。
日曜の昼下がりにいったのですが、所要時間5分ですみました~

名前を言って。(誕生日もいったかも)
事前情報で本籍地をいうってかいてあったんですが、聞かれませんでした。

写真と名前、間違ってないか確認され、無事受領~。

思った以上に簡単にとれました。
パスポートもとったことだし、これからは海外旅行を楽しみたいですw

5. まとめ

今回は東京都に住民票がある方のパスポートの取り方をご紹介しました。
私は1週間程度で取得することができましたが、海外旅行することが決まったらできるだけ早めに取得しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です