絶対焼けない日傘!TVで紹介され売切れ続出!最&強の日傘、「銀行員の日傘」

今年の夏は、暑い、暑い、暑い!!!!!
去年の7月の平均気温と比べると、な、な、なんと!4.4℃も高い!(by気象庁)

太陽の日差し・・・・・・コンクリートからの照り返し・・・・・・
私の体感は40℃を超えている。朝の通勤で30℃超え。熱中症も日焼けも怖い。。。

日傘を探していたところ……先日TVで見た日傘が気になったので、調べてみた!

最強の日傘! その名も《銀行員の日傘》

TBS系列「所さんお届けモノです!」(2018年7月22日(日)放送回)で、
目黒区自由が丘にある傘専門店「ウォーターフロント」の店長さんが
「絶対日焼けしない最強の日傘」として
「銀行員の日傘」を紹介していました!

最&強の日傘!最強といわれる3つの理由を紹介します。

1. UV99%以上カット

普通の日傘はUVカット90%以上という表記が多いです。
99%以上カットはとてもすごいんですね。百貨店などで99%カットの日傘はいい値段がします。
あとでお値段も紹介しますが、この値段で99%以上カットはすごい!コスパ、半端ねぇ!

番組中でも実験してまして、傘の中の紫外線を計測!!!
普通の傘だと931μW(マイクロワット)だったのが、
この最強の日傘は、なんと!7μW!!!

99.2%カットしてました。

2. 遮熱効果により約7℃も涼しい

番組のスタッフが検証した日の気温は、34.4℃でした。
日光を浴びた傘の外側の温度は、38.4℃
(え〜〜〜4℃も違うの?!普通に驚いたw)
で、本題の傘の中の温度を測ってみると31.6℃

>>>31.6℃<<<
傘の外側と比べると、7℃差!遮熱効果により約7℃も涼しいのです!
7℃も温度が違うと体感でも涼しいと感じるでしょう。

3. 驚きの値段

決定的なのは、お値段です。
百貨店で日傘を探すと、1万はします。なのに、なのに!!!!
最強の日傘は、涼しくて、焼けないのに・・・・・・

¥2,000(税別)なんですよ。

これは絶対に買いです!!!

もともとは、夏の暑い日に外回りをする銀行員のために作られたそう!
だから、《銀行員の日傘》っていうんですね。そのまんまだけどwどうりで涼しいわけだ〜!
買おうと思ったら、TVの反響で品切れでした。。。

公式サイトでは2018年販売分は完売の文字……

折りたたみ傘も紹介されてました!
そちらはまだ在庫ありましたよ〜

お近くにない方はAmazonでも取り扱ってました!すぐに売切れになっちゃうかも

デメリットとしては、少し重いかな。最軽量の日傘と比べるとちょっと重いかも。
でも、涼しい&焼けないなら買う価値ありと判断★★★★★

おまけ

なんと!この日傘は、壊れにくさでも最強なんです。
壊れなくて、涼しくて、焼けないなんて、お前は本当に最&高だ!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です