フェイク動画の犯人は?3年A組第6話の感想/考察 (ネタバレあり)

「3年A組-今から皆さんは、人質です-」第6話の感想/考察

「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」の第6話の感想と考察です。

これまでのお話の感想/考察

あらすじ

ここまででわかってること

  • 捜査一課理事官の五十嵐徹と柊一楓はグルだった
  • 景山澪奈の自殺の原因になった動画を撮影したのは里見
  • SNSで景山澪奈を誹謗中傷をしたやり逃げXは宇佐美
  • 甲斐は脅されて景山の動画撮影を指示した
  • 柊一楓は不治の病でもう長くない
  • 景山澪奈のフェイク動画の作成を指示したのは魁皇高校の教師

今回のあらすじ

景山澪奈が死んだ原因になったフェイク動画を作ったのは魁皇高校の教師だった。
一楓は自分の動画をSNSに投稿。「景山澪奈を自殺に追い込んだ犯人を探しています」と告げる。
さらに3年A組の生徒が生存が確認できる写真もSNSに投稿。柊一楓は実は景山澪奈の自殺の原因を暴こうとしているヒーローなのではないか、という声も出始めた。
そして一楓は教師達に向かってフェイク動画を依頼した人物に名乗り出るように要求する。夜8時までに名乗りでなければ教室を爆破すると告げて。。。

今回明らかになったこと

  • 柊一楓はスーツアクターだったがガンが判明し、文香と同じ教師になった
  • 戦隊ヒーローの決めゼリフが柊一楓がよく口にする「レッツシンク」だった
  • 相楽文香の父・相楽孝彦と柊一楓はグルだった
  • フェイク動画を依頼した犯人は武智だった

感想/考察

今回の授業はとてもいい授業だった。
相手の気持ちを思いやること。自分の行動の結果何が起きるのか。ちゃんと考えなければいけない。

水越涼音は水泳部顧問の坪井先生のせいで水泳部を退部に追い込まれたと思い込んでいた。
そして坪井先生が涼音がなびかなかったからパワハラやセクハラをしてきたと批判。景山澪奈も同じようになびかなかったからフェイク動画を撮影したに違いないと、批判した動画を撮影し、ネットに流そうとした。

実際には坪井先生は涼音が致死性不整脈にかかっており、ハードな運動ができないことを知っており、水泳をやめさせるためにわざときつく涼音に接し、水泳を辞めさせたのだ。

その事実を知った涼音は「どうしよう、そんな動画」「どうしたらいいの」と動揺する。
しかし、その動画は一楓によってネットに流れるのを防がれていた。
それに安堵し、「よかった」と安堵する水越に対して「何が良かったんだ!」と厳しくぶつかる一楓。

もし動画が流れていたらどうなっていたか。
自分の発した言葉が他人を通じて、今の時代はネットやSNSを通じて、情報はどんどん拡散していく。
情報の受け手はどう思うだろう。今回のドラマでいえば、坪井先生はひどいパワハラ教師だとバッシングされるだろう。

ちゃんと考えて考えて行動すれば、どういうことが起きるのかは想像がつく。自分の発した言葉で、悪意にまみれたナイフで他人を傷つけることになっていた。

ドラマの中で一楓が「お前らはもう感情に任せて過ちを犯せる歳じゃないんだよ」と言っていた。
子供は感情に任せて癇癪をおこしたり、駄々をこねたりする。一方大人になると何が良くて何が悪いのか、考えて行動しないといけない。
嫌な言葉を浴びせらたり、嫌な態度をとられたりすると、カッとなってやり返したくなるけど、悪意を持って行動した結果、何が起こるのか常に考えなければいけない。カッとなって行動した結果が良い結果に繋がることなんてほぼほぼないだろう。だからちゃんと自分の行動に責任を持って行動しないといけない。そのためにはちゃんと考えて考えて行動しないといけない。

SNSなどのネット社会は、一度投稿してしまうと、後戻りできない。
誰かの端末に保存されたり、Web魚拓やキャッシュに保存されたり、過去のWEBページをみれるサイトもある。

社会問題となっているアルバイトがバイト先での商品などをつかったおふざけ動画。あれで損害賠償をさせられたり、お店が閉店に追い込まれたり……
彼らは、彼女らは、こんな大事になることを予想できただろうか。

SNSやネットは、相手がみえないがゆえに、この画面の先にはたくさんの人がいることを忘れがちである。

今回、柊はいつも以上に怒っている気がした。TV越しでみているこちらもおびえてしまうほど怖かった。それは、彼ら、彼女らが、本当の意味で変わっていなかったから……ではないだろうか。

今まで5回にわたり、生徒に伝えてきた柊の授業を表面上は理解していても、自分の行動や思考にまで落とし込めていなかったこと。

だからSNSに間違った情報や憎しみで撮影した動画を投稿しようとして第二の景山を生むところだった。
(動画を投稿していたら、坪井先生は、もう二度と教師ができないかもしれない。家族にも見捨てられ、自殺してしまうかもしれない)
自分の感情に任せた行動が、どんな結果になるか。そこまで想像できていたか?と。

柊はいった。「お前たちは、本質をみていない。」と。
上辺だけで物事を見ないように。本質から目を背けないように。と。

本質とは、最も大事な根本の性質・要素。

今までの授業で柊が伝えたかった“本質”とは、なんだったんだろうか。

私は、相手の想い、気持ち、痛み、つらさ、そういったものを理解するための想像力だと感じた。
相手は、自分と同じ人間で、感情があり、生きている尊い存在だと。だから、想像しろ、と。自分がされたら、どう感じるのか、と。

自分=他人なのだと、いうこと。

それが見えていたら、動画は投稿しなかっただろう。

しかしながら、やはり、人間の根本には善があるように思う。

あと数回。柊の授業を通し、柊が伝えたかった“本質”を今一度、私も考えたいと思う。
次回からの授業もとても楽しみです。

プチ情報

今回は冒頭で柊一楓が「信じる・信じないゲームを始めよう」と言っていました。それは柊一楓がメガネを掛けている時は信じて、メガネを掛けていない時は信じるなというものでした。
ドラマ中盤で茅野さくらが一楓のメガネを掛けてから「私は先生のこと信じるよ」と言っていて、観ていたときは「?」となったのですが観終わった後に謎が解けました!ドラマ見返してみると、確かに一楓がメガネを外して喋っている時は本心を喋っていませんでした。

見逃した「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」を見るには?

「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」を見逃しちゃったという方はHuluで観ることができますよ!

その他のドラマやアニメなどの見逃し作品も多数配信中です!

最初の2週間は無料なので、お試ししてみるのはいかがでしょうか

まとめ

今回は「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」の第6話の感想/考察について書きました。

個人的には今までで一番熱い授業でグッとくるものがありました。普段生活する上で、あんな事言うんじゃなかったなーと思うことがありますがちゃんと考えて考えて、上辺だけじゃなくて本質が何なのか考えて行動しようと思いました。

そしてフェイク動画の依頼した犯人は武智なんじゃないかなー、と思ってたんですがやっぱりそうでした!柊一楓の言っていることは本当なのか、次回もとても楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です