「3月のライオン」にでてくる料理を再現してみた

3月のライオンのそうめんをつくってみたアイキャッチ

普段マンガを読んでいると、マンガの中に出てくるご飯が「美味しそうだな〜」と思うことありませんか?

3月のライオンのそうめん

そこで今回は「3月のライオン」にでてくる「そうめん」を再現してみました。
(ちょっとそうめんの時期が過ぎてしまいましたがw)
アツアツつけ汁で食べるので、今の季節でも美味しく食べれます!

材料

3月のライオンのそうめんの材料

そうめん3人分の材料です。
マンガではしめじを入れていましたが、きのこが得意ではないので今回は入れていませんw
代わりに長ネギを入れてます。

  • 豚肉こまぎれ、バラ肉などお好みのものを150~200g
  • おろししょうが or きざみしょうが (チューブでも可)
  • ごま油 大さじ1くらい
  • 玉ねぎ半分~1個
  • ナス1本
  • 長ネギ半分~1本
  • 大葉 4枚ぐらい(お好きな量)
  • めんつゆ
  • そうめん 300〜400g

個人的に具沢山が好きなので、いつも材料多めにして作っています。

作り方

3月のライオンの作中に手順が詳しく書いてあります。

3月のライオンのそうめんの作り方

  1. 野菜をカット
  2. しょうがとお肉を炒める
  3. 野菜を炒める
  4. つゆをつくる
  5. そうめんを茹でて盛り付け

 

野菜をカット

そうめんの材料をカット

なす、玉ねぎ、長ネギを食べやすい大きさに切ります。
長ネギは1/3くらいを薬味用に小さく輪切りにしておきます。

しょうがとお肉を炒める

お肉と炒めたところ

まずはおろししょうがをごま油で弱火〜中火で炒めます。
私はいつもおろししょうがのチューブを使っており、3~5cmくらいの量を入れています。
ごま油の香りがしてきたら、お肉を入れましょう。
しょうがを炒めすぎると油と一緒にハネてくるので注意です。

豚肉を入れて中火で炒め、赤い部分がなくなったらOKです。

野菜を炒める

肉と野菜を炒めたところ

玉ねぎ、ナス、長ネギを入れて、全体がしんなりしてくるまで中火で炒めます。
ナスにごま油をたっぷり染み込ませておくと、更に美味しくなりますよ。

つゆをつくる

めんつゆを入れて煮込んだところ

つゆは、めんつゆ150ml+水300mlで合計450mlくらいで作っています。
少ないなーと思ったら、都度都度足していってちょうどよい量にしてください。

つゆはちょっと濃いかな、と思うぐらいで大丈夫です。

盛り付け

3月のライオンのそうめん

そうめんを茹でたら、水で冷やして、盛り付けて下さい。
夏場は氷を入れてキンキンに冷やしちゃいましょう!

作中であかりさんが言っていたように薬味を忘れてはいけません。
薬味の大葉と長ネギを添えて出来上がりです。

感想

キンキンに冷えたそうめんをアツアツのつけ汁につけて食べると、冷たい熱いが交互に訪れて作中でも出てきたように「冷熱冷熱」の無限ループを味合うことができます。

たっぷり油が染み込んだナスとしょうがで炒めた豚肉を頬張ると、更に美味しくなります。

薬味の大葉や長ネギを加えて、味変をするとさっぱりとした味わいになり、するすると食べることができちゃいます!
1人で2束(200g)はあっという間になくなりましたw

まとめ

今回は3月のライオンの12巻に出てきたそうめんを再現してみました!
夏に余ったそうめんでつくってみてください!本当に美味しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です